3児の母のコロナ疲れ【心配が辛いので心配の中身を掘り下げてみた】


どうも、コロナ疲れの れいこです。

本当に具合の悪い人にはふざけんなと思われるだろうけど、コロナにかからずにコロナのせいで具合が悪くなる。

情報の不確かさ、明らかな隠蔽、わざと煽る報道。

保育園でも流行地域に行っていないか書類で確認されたり、登園時に子どもと手洗い強制だったり。

北海道でも若い人が重体とか。え、若い人大丈夫なんじゃなかったの?

ああ、なんか大変なんだろうか?でもどうしたらいいんだろうか?

気にしなくていいって思っても、小さな子どもがいると気になってしまう。

ピリピリして、疲れました。

 

2月の3連休、私はいよいよ脳の疲労感に押しつぶされそうに。

来週は自分がやるレッスンもある、
出たいクラスもある、
子どもの参観日もある、
週末には子どもたちは祖母の家に行くという、
その祖母はそのまた母(大正生まれ・一人暮らし満喫中)の世話をときどきする。

だいじょーぶなんだろーかーーー。

 

ヨガ哲学の話を思い出しました。薄暗がりでロープを見て蛇だと思って超ビビるやつ。

そこに必要なのは明かりです。
それの示唆するところは、これから書くことよりもっと深い意味なんだけどね、無明とかそういう話なんだと思う

 

よっしゃ。調べよう。

目次の作り方を習得していないけど、箇条書きでここに書いとく。
・私は何が怖いのか
・自分の判断が子どもたちの命にかかわるかもしれないという緊張
・情報がよくわからなくて怖い
・そもそも病気は怖いと思ってしまうもの
・家族が心配
・でも一番疲れる理由はこれ

 

私は何が怖いのか。

さて、ここからは素人の話ですからそれを踏まえて読んでくださいね。
私は医者でも専門家でもないです。

まず、コロナウィルスについてざっくりまとめると。
感染力は強く、重症化することがある。
しかし軽症で済む人は多く、無症状の場合もある。
お年寄りや持病があると重症化しやすい。
(しかもこの情報が確かだというわけじゃない恐ろしさ)

それで私が恐れているのは、、

 

自分の判断が子どもたちの命にかかわるかもしれないという緊張

もう、一番に思いつくのはこれです。

正しいんだか正しくないんだかの情報で、何をどう判断せーっちゅーの。

しかもそれ一歩間違ったら感染して重症化、するんだかしないんだか。

それは他の病気になったときでもそうなんだけど。

インフルではそこまで焦らないな。。。

 

ってことは、情報の不確かさが原因か。

 

 

情報がよくわからなくて怖い

コロナってどうしてそんなに怖いと感じるのかというと、

それは感染力の高さと、治療法が今はないっていうところ。死ぬ人もいること。

残念ながら今の感じでは何が正しい情報なのか、そして国として正しい対処なのかってところも、よくわからない。

で、じゃあインフルエンザなんですけど、

2018年にインフルエンザで亡くなった人は3325人(厚生労働省の人口動態統計より)。多いな。。。

死ぬかもしれないしインフルエンザ脳症だってあるのに、異常行動とかも言われているのに、私はそれほど困っていない。

例えば新型インフルエンザで重症化しやすい人として厚生労働省が挙げているのは

「慢性肺疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患=COPDなど)、
免疫不全状態(自己免疫疾患など)、慢性心疾患、糖尿病、肥満、妊娠、重症筋無力症など」
の方は重症化しやすいと報告されています。

    • インフルエンザのハイリスクとなる持病

    • 慢性呼吸器疾患
    • 慢性心疾患
    • 糖尿病などの代謝性疾患
    • 腎機能障害
    • ステロイド内服などによる免疫機能不全

インフルエンザが重症化することがあると報告されている方々。

  • 妊婦
  • 乳幼児
  • 高齢者

って、これもコロナと変わりないように思う。コロナには乳幼児ってところは今のところないようだし。

夫や息子がかかったらどうしよう!って、そりゃどうしてインフルで心配しないんだろう。

治療法ありってところ?で、そこの違い、心配して何か変わる?私が心配したら治療法は生まれるのか。そんなわけない。

私は今、インフルだけを調べているけど、他にも病気はたくさんあろうに。

私は何を恐れているのか。。。

絶対に大丈夫っていうことではない。

爆発的に患者が増えたら適切な治療を受けられない可能性はある。

でも疲れるほど心配する必要もない。かかったらアウトみたいな危機感は捨てよう。すでにかかってるかもしれないし。

今どれだけ考えたところで、できることは変わらない。

手洗い、ヨガ、トークセン、夜更かししない、栄養をとる、人混みを避ける、祖母には会わない。

入院が心配なら、入院準備もしておけばいいのに、それをしないということは、入院しないつもりでいるという矛盾

いろんな人がいろんなこと言う。最悪のパターンでも、大したことなくても、結局今私がやることは変わらないんだな。

それなら、ニュース見るのやめても良いわけだ。疲れて具合悪くなるくらいなら!

休校なら手紙が来るし、外出制限なら夫が教えてくれるだろう。

見えているもの、与えらえる情報だけがすべてじゃない。

そうだったそうだった。

隠蔽されていることもあるし、取りに行かなきゃわからない情報もある。

でもその情報があったところで行動が変わるのか。私は変わらんね。

情報断食しようかな。。。
反対する声も聞こえるような気もしますが空耳だと思う、だって情報集めたところで信用できなくてまた悩むんだもの私

 

ハイリスクの方にうつす危険を考えれば、

人混みに行かないとか、わざわざおばあちゃんに会いに行かないとか、そういうことは気をつけよう。

同居の場合は気をつけなくてはいけないと思う。

でも気をつけるったってさ。。。

家族がどんだけ気をつけたって、職場や学校の人が人混みに行ってウィルス運んで来たら。。。

もう引きこもりしかない。それか別居?それが現実的でないのならば、

できるだけ健康であるようにする、しかないのでは。

食事、運動、睡眠、など。他に何ができるかなぁ。

休校とかテレワークとかは私が決めることじゃない。
たとえわが子を休ませたとしても、夫は仕事に行くし、完全に隔離は無理やろー。

 

そもそも病気は怖いと思ってしまうもの

それと、病気は怖いって、生物として思わないと、危険だよね。

大昔からの性質なんじゃないか、これ。

よくわからない病気は怖いと思って当たり前。

 

そこをコントロールしたいのなら、今の私には、瞑想と呼吸法がある。

きっと緊張して交感神経バリバリなんだろう。

 

家族が心配

それに加えて、個人的なことでは、

・夫と長男は呼吸器系が弱いうえに日頃学校で過ごしているので感染したら重症化しないか心配。
・自分は大丈夫だと勝手に思っているのだけど、無症状で家族や曾祖母に感染させてしまわないか心配。

 

私、自分は大丈夫って思ってるんです。

過去の私よりずっと健康だから。

過去の私はしょっちゅう体調を崩していた。
流行ってもいないのに、一度かかったはずの風疹になり、医者に「免疫力落ちすぎです」と呆れられ。
風邪を引けば2、3か月咳をする。元気な時が珍しい。
常に胃が痛い。

でもこういう人だとしても持病があったわけじゃないんですよ。
一応、持病のない健康な人になっちゃう。

それが今は、風邪引かなくなった。ちょっとおかしいな、程度で終わるようになった。
インフルエンザにもかかりづらくなった(今シーズンはかかってない!罹患したわが子からクシャミをかけられたって大丈夫だった)。

まだまだ本当の健康には距離があると思うけど、たぶんそこら辺の人よりは健康。

だって、健康のために積み重ねてきたことがあるから。ヨガも、トークセンも、食べ物も。仕事も変えたし。

それでダメなら、みんなダメでしょう。

 

で、夫と長男ですね。

でもこれ、考えたところで、どうにかなるのか。

彼らは出勤し登校し、どうにもならん。私が無症状でうつすより、そっちの方が確率が高い。

私が感染して無症状でうつしたらどうしようって思うけれど、

無症状ってことは、クシャミも咳も出なくて、それならバラまいてしまう危険も少ない。

 

唯一私が後悔したのは「もっとヨガやっとけばよかったのに!呼吸器系を改善するやつやっとけばいいのに!」っていうところ。

じゃあ、それを、今からでもやろう。

そうだ、怖れというより、なんでヨガやっとかなかったんだろうって、そういう気持ちの重さだったのかも。

ヨガヨガって何言ってんのと思われるでしょうけれど、フィットネスとしてのヨガじゃないです。

きちんと身体を改善するヨガの話です。

つまり、どうして常日頃から健康に気をつかってこなかったんだ!っていう後悔。

家族に対してね。

よし。気をつかってきたつもりだけど、足りなかったと気づいた。

この気づきを得るために私は恐れていたのか?

 

ていうか娘二人の心配をしない私って一体。あの子たち元気なんだもの。

 

 

 

でも一番疲れる理由はこれ

私が今回一番具合が悪く感じるのはですね、

実は病気そのものとちょっと違うところなんです。

国が都道府県が市が学校が、って判断を自分以外のものに委ねることの危険さ。

正しいとか、してくれるはずとか、勝手に思い込むことの危険さ。

でもこれは、人生そのものではないですか。

やっぱりダメだったじゃん!って後から責めても結局自分なんです。

他が責任を取ってくれるわけじゃない。

だから怖い。

だから自分で考えない。

それで他人に委ねる。

でもその結果も怖い。

グルグル。

自分で行動し自分のことは自分で責任を取る。

 

周りはどうにもコントロールできない部分はある。

ウイルスをバラまかれるわ、それでも人混みの観光地に出かける人はいるわ、

マスクせずに咳をする人はいるわ、マスクが高額転売されるわ、、、

えーと、それから、温暖化、気候変動、環境汚染、、、

社会の仕組み、仕事、学校、、、

それぞれの正しさで裁くことはいくらでもできる。

それでも自分のことは自分で責任を取る。

そのためにできることは何か?

 

今回の騒ぎで、

いろいろ見えたと思うんです。

誰が何を大切にしているのか。

力のある者、地位がある者は何を大切にしているのか、

自分は何に、誰に、影響されて暮らしているのか、

自分は何を大切にしたいのか。

人任せにする生き方でいいのか。

なんかそういうので疲れちゃった。

 

ほんと疲れちゃった、
責任問題や利益、お金、忖度、
世の中きたねー奴がいっぱいだな!

 

いろいろな価値観が見え、考え直すきっかけになるのでは。

 

それとさ、今日は天気がいいよ。

おひさまキラキラ。

何言いたいかわかる?わかる人だけわかればいいや。

 

 

本質が見えるなぁと思う最近。

疲れてしまう私も、まさに今の私。

成長の余地あり。

 

新型コロナでヘロヘロな母関連記事↓

休校中の子をもつ母の心の叫びにコレをプラスすると
実はウイルスより怖いのはこれじゃないか(ゾンビではない)