傷とライフワーク


これがライフワークだ!

感情揺さぶられる。

でもそれってね、

自分の傷からだと思うの。

 

そうじゃない人もいます。

いつかどこかの記事で書いたと思うんだけどね。

 

今日はこれの続きです
やらない言い訳見つけたら、、

 

わたしは教育関係に心動く。

それはそれでいいのだけど、

どうしてそうなんだろうって考えたときに、

やっぱり、自分の傷が元になっている。

あんな思いを他の人にしてほしくない、

もっとこうしたい、

社会を、世界を、変えたいんだ。

 

そのための原動力になっているなら、

傷は別に悪いわけじゃないけれど、

それはもう癒された傷なんだろうか、

癒されていないのなら、それを抱えたままでいる必要はないし、

手放した方がラクになるし、

手放した方が、自分の能力を最大限発揮できるんじゃないかなぁ。

わたしは、まだねぇ、なんか引っかかってるなぁ。

先生が、親が、そういう大まかな記憶じゃなくって、

もっと詳細に向き合わないとボンヤリしたままなんだろうな。

 

怒りや悲しみや寂しさのエネルギーを

誰かのために何かすることで

昇華、したような氣になる。

 

でもそれは、ちょっと違うんじゃないかな。

それもありだけどね。

 

他人を助けているようで
実は過去の自分を助けている
本当はあの環境が間違っていた
本当はあの人が間違っていた
だからわたしはやり直す。。。
でも過去の自分は
その方法では救われないのです

 

 

もしその原動力でライフワークにしてしまったら、

傷は必須の材料なんだよね。

絶対に手放せなくなっちゃう。

一生。

もしこの傷が癒されたら、

わたしは同じことをライフワークにするだろうか?

 

 

 

わぁ、これ楽しい♡

って純粋に思えるものって何だろ。

人の役に立つこと、純粋に楽しいよなぁ。

 

 

そんなことを思います。

 

 

あなたは、何か、したいことがありますか?

それは、どうしてそう思うの?

 

夢中になってること、ありますか?

どうしてそんなに、夢中になれるの?

 

 

 

 

理由なんてない、

ただ好き、

そんなやつ、何だろうなぁ。

 

わたしは、書くこと、読むこと、

考えること。

ぼーっとすること。

ぬるめの温泉に浸かること。

自分の可能性に氣づいてキラキラすること、

そういう人を見ること。

誰かと心が通じ合って涙が出ること。

お花を見ることも香りをかぐことも好き。

 

この記事をね、
へ~、と思えた人は特に問題ないのだろうけど、
わたしは違う!とか、
なんかモヤる、
っていう反応をした人は、、

何かあるよ
何でしょね~

テキストのコピーはできません。