子育てで一番大変だった時期のこと


長男と長女は1歳9か月差です。

長男の1歳の誕生日の頃に第二子妊娠。

そこからまぁ、怒涛のような日々だったんだなぁ。
最初は、つわりと、1才児の世話で、泣いた。

いつの間にか、終わってた。

もう、長男は中学生になり、

声も低くなり、わたしの背を超し、
わたしだってそんなに小さくはないのに

長女は6年生。

4歳末っ子がかわいいです。

明らかに、かわいいと思う余裕がある。

上がかわいくないとかじゃなくて、余裕のあるなしの問題。

 

長女が生まれたときには、

まだ長男の卒乳ができていなくて、

授乳がどういうことになったかというと、

そりゃあもう、両方、、、

長男が初めて話した3語文が

「これ ぱいぱい とった」

だったことはもう家庭内伝説。

いきなりコレ呼ばわりされた赤ん坊の長女

 

長男は、

歩きたい動きたい時期。

散歩にしたって手を離したらトコトコトコ、、、

滑り台、砂遊び、目が離せない。

一方で長女は、

抱っこ。

ベビーカーに大人しく乗るかと言えば

そんなわけもなく、

ベビーカー拒否して泣かれた日には、

スリングで抱っこして片手でベビーカー押して、

反対の手で長男の手をがっちりつないでおく。

言葉通り手が足りない。

阿修羅になれるものならなりたい。

そしてボディワークのボの字の一画目だって知らないわたしが
どう抱っこしてどう歩いてどうベビーカーを押していたのやら。
痛いところだらけ。

 

少し大きくなってもこれ。

 

出かけるときに赤ん坊が都合よくウンチを我慢するはずもなく、

帰ってきて二人が都合よく同時に昼寝するわけもなく、

これは一体何の修行か。

 

お風呂はどうにか工夫していたのだろう。

ご飯もどうにか作って食べさせたのだろう。

買い物も散歩感覚で出かけたのだろう。

イベントだらけだ。

 

そのときは、

ただ必死だった。

イライラもしたし、

泣きもしたし、

離婚しようかと思ったし、

いつ自分が子どもを虐待してしまうか怖かった。

 

保健所で相談したら、

心療内科がいいかもって言われ、

心療内科では、

旦那さんに協力してもらえるといいですねって言われ、

夫は、お母さんがいるだろって言って、

母は、〇〇さん(夫)いるでしょって言った。

 

そんなだから、

虐待が起こるんだよ。

助けますよって言うけど、

実際相談しても、

相談受けましたって事実は作って、

こっちはなんも救われないの。

そうじゃない保健師さんや臨床心理士さんとかもいるとは思うよ。

でもさ、

もうほんとに困ったときの相談相手ってさ、

他に居るん?

 

相談してくれたら、声を上げてくれていたら。

そんなの後から言うとか、

最悪だわ。

ニュースになる人だって、相談してたのにっていうの結構ある。

 

や、でもね、周りを責めたくもなるけどね、

 

誰かに相談するっていうのと、

自分をととのえるっていう方法と、

二つの方法があると、

今なら思う。

 

 

今のわたしは、そういう人に、

代わりにシッターもできないし、
親子でヨガの間ならやるよ

ごはんも作ってあげられないけど、

話はきくし、

身体の辛い箇所があれば楽になるようお手伝いができると思う。

大変でいい。

大変だと思っていい。

辛いと思っていい。

子育ては、ちゃんとしようとするほど激務なんです。

肉体的にも精神的にも。

でも子どものことが好きだから、ちゃんとしたいじゃない。

手を抜こうと思ってもどう抜けばいいかわからない。

 

たまには出かけたらいいよってパートナーが言ったとしても、

そのあいだ本当に子どもを見てるだけで、

掃除洗濯食器洗いとか放置だったりすると、

結局自分が自分の自由時間の尻拭いをしなきゃいけなかったり、

そしてそういうことをうまくパートナーに伝えるのも面倒で、

はぁぁぁぁ(*´Д`)だったらいいわもう!
そしてなんで面倒見たのに機嫌悪いんだって逆切れされ。
若かったなぁ

ってなったりしてね。

 

氣力体力がないと、

頼ることすら面倒くさい。

自分の思いに目を向けることも、それを表現することも、

大切なはずの人と話すことさえも。

だから自分をととのえることが大事。

 

本当に難しい時期です、子育て期初期は。

 

わたしはね、

あのとき思った。

ただ誰かがそばにいてくれるだけで違うのに。

そうしたら、

いつもイライラしたり悲しくなったりする案件が、

笑えちゃう方向になるの。

ウンチもれたとか、泣き止まないとか、

布団に置いた途端目が開くとか。

あらー、うんちもれてるー、あははは!って誰か笑ってくれたらさぁ、
なんかウンザリしながらお尻拭くとかしなくていいわけよ。
えー、起きた!ウケる!とかいう回路のある人がいると、違う。
もちろん口だけで手伝ってくれないと嫌かもしれないけど( ゚Д゚)

でもなんか、一人だと、疲れて、悲しくて、沈んでいくのよね。

それか、感情が、麻痺。

そういうもんだ、それで何も間違ってないって、

教えてほしかった。先に進んだ人に。

『みんなそうだから頑張れ』、じゃなくてね。

安定してる人がそばにいてほしかったなぁ。

誰かがそばにいてくれるだけで、正気を保てる、というか。

 

 

だからわたしは、

そういう機会があれば、

伝えます。

それでいいって。

辛かったら、サークル、やらない?

うちにおいでよ。

いいよ、子連れで。
二階は行かないでね、とかわかってくれるなら(;´∀`)

 

身体、ラクにしたら、きもちも変わるから、

トークセンしてもらうところから始めてもいいかもね♡

ご自宅へ出張もします。

散らかっててもオッケー!
だって子育て期に片づけられるとか神?
わたしなんて断捨離に何年かかってんだか。

あ、今月の予定、、、アップしました。。。
よく忘れる(;´∀`)
トークセンとヨガのご予約・お問い合わせはこちら

テキストのコピーはできません。