仕事、辞めたら良かったですか?


仕事、辞めたら良かったですか?的なことを聞かれました。

やっぱり、余裕、ありますか?

 

 

わたしの前職と同じ仕事をしているワーキングマザーさん。

復職したばかり。

 

さて。

どうしてわたしにそんな質問をするんでしょう?

辞めたわたしに。

 

きっと職場には、

「みんなそうやって頑張ってきたのよ、みんなそうやって頑張っているのよ」

という人たちばかりでしょう。

だってそういう人たちが残ってきたんだもの。

辛くてとか、他のことがしたくてとか、違うなって思ったとか、

そういう人たちは、もう辞めているんです。

 

その、辞めた側の話を聞きたいってことは。

 

その人のきもちは。

 

背中を押してくれる、

自分が納得できる、

そんな何かを、

外に求めている。

てことは。

 

 

でも、

 

 

お母さんになったからこそできることもある。

特に教育の分野ってそうだと思う。

思いが全然違う。

その思いをもって働けたのなら、

どんなに素晴らしいだろう。

でも、思いがあるからこそ、

自分の氣力体力がそこに追いつかなくて、

そんな自分のせいでクオリティが下がってしまうことに

嫌になってしまうかもしれない。

 

強い思いがある仕事なら、

家族を理由に辞めてしまっては、

そんなふうに家族のせいにされた家族は

どんなきもちだろう。

 

仕事を通して何をしたいのだろう。

それは、その職業でなくてはどうしてもできないのかな。

 

 

どうしたい?

 

 

人に聞かないで

自分のこころに聞いてみたらいい。

 

 

あなたの、一度きりの人生。

今この時間も

過ぎたらもう戻らない。

どう使いたい?

命を、どう使いたい?

 

わたしは、辞めてよかったと思ってます。

後悔は少しもない。

辞めるかどうかより、

ひとつひとつの選択を

丁寧にしたらいいんじゃないかって思う。

他の誰かのためじゃなくて。

自分のために。

自分のこころの、魂のこえを聞いて。

それが簡単じゃないことも、知ってるよ。

 

テキストのコピーはできません。