やった感のないボディワークと、癒し系有酸素運動ではないヨガ


やった感がそんなにないのに、

何この変化!っていうのがボディワークなんだけどなー!

ヨガも、キタ――(゚∀゚)――!!を体験してほしい。

ああ、これを上手に伝えられるようになりたい。

 

 

ボディワークの講座は、

半分受講し終わったところ。

半分で、こんなに。

でも、あと半分って、それしか。

 

 

ボディワークをときどき周りの人に試してみる。

軽いノリで。

すると、

まあ、

ほぼ、

やらない。

ぷらぷら、きゅっきゅ、動いて、ポイって放り出すかんじ。

わたしがもっとうまく魅力を伝えられたらいいんですけど。
まず、やりたいと思ってない人にやらせたってダメなんだろうね。

子どもは、やるんだよね。なんでだろ。テキトーに動いて笑ってる。

痛みがあるとか調子が悪いとか、

どうにかしたいことがあると自覚しているときは、

結構やれる。

藁にもすがるつもりでやったら、よかった、ってやつ。

ですよね。

知らないと、なんだ藁か、と思っちゃうのかもしれない。

肩を抱いて右に捻りましょう、小さな動きで良いですよ。で変わるかよ!って。

こんな動きで日常の動きがラクになるとか

実は氣づいていないけれどもっとラクに動けるとか

わからないものね。

痛みや病気にならないと、人って、動かないのかなぁ。

そうなる前に、やればいいのに。

ああ、これ、どうしたら伝わるんだろう。

 

ボディワークの困ったところは、

『やった感がない』

ことだなって思う。

それから、

現状や変化を感じる力が弱っていると、

なんか変わった?

みたいになる。

でもまあいいんだけど。

よくなってるから。

ボディワークのおかげで!とか思ってくれなくていいけど、

相手のモチベーションっていう点でねぇ。

子どもなら遊びに組み込めるからやりようがあるが。

遊ぼうよ、大人。

 

ヨガは、ポーズ。

筋トレは、回数や重さ。

ランニングやウォーキングは距離や時間。

わかりやすい。

 

実際のところ、ヨガもね。

ポーズとれればいい、ではないし。

わたしね、ヨガ、好きじゃないんですよ。

だって辛いもん。

快適で安定したものがアーサナで、

そんなアーサナになるまでに心や身体ができていなくて、

ふぅーーーっ!と思う。

でも、なぜやるかというと、

快適で安定した、に近づいたときに、

そこから後が変わるから。

 

そのことを知らなかったときには、

ゆったりおしゃれに有酸素運動的な恩恵にあずかっていた。

ヨガとはそういうもんだと思っていた。

そういうヨガが好きだった。

 

でも今、ヨガのアーサナができたとき、
完全ではないだろうけど

「キタ――(゚∀゚)――!!」

っていうのがわかるの。

ブワーーーっとエネルギーが変わる。

そこが、好き。

そのあと、身体と感覚と思考が変わるから。

 

でさ、思うのは、

ボディワークもヨガもだけど、

その手前で諦めちゃう人がいるなってことなの。

あ、無理。

ん、よくわかんない。

って。

インスタントなのが好きなんだろうね。

あと、自分の内面を観察するのも、あんまり、したくないんだろうね。

したくないというか、落ち着かない。

でもさ、そういう人に限って言うの。

もっと自分の内側に目を向けたいとか、

どこそこが痛いとか。でも軽い痛みだからそんな困ってないのね。

ボディワークもヨガも必要ない人は引っかかりもしないからね。

引っかかって、やってみようと思ったんだもの、

もうちょっとやればいいのにね。

手段と目的を履き違えるなってそういうことなのかな。

自分の心と身体を感じたい、って思って、

でもその段階へ行く前にコンフォートゾーン内にとどまろうとして。

あなたの目的は何なの?

コンフォートゾーンでぬくぬくすることだったの?

よくわかんない、

って

もう感じること考えることをその時点で投げたからね。

そりゃストップするわ、わからないわ。

それなら何をやっても同じ。

ああ、それ、どうしたらその先をガイドできるんだろう。

でもなー

それこそ、

無理なんだよなー。

歩きませんって座り込んだ人を、

どうにもこうにもガイドできないわ。

お願いそこ踏ん張りどころだからー!

ってなると、身体というよりお話になるのかしら。

するとね、厳しいだの毒だの言われるわけ。

もー。

 

人によっては、

は!

って顔して、

笑顔になってる。

 

そういう人に

伝えて行こう。

一緒に楽しめる人に。

 

これからも、

わたしがどんなにボディワークとヨガとトークセンが好きか、

ブログやレッスンで語ろう。

やった感のないボディワークと、

癒し系有酸素運動ではないヨガと、

人を木槌で叩くトークセン。

こう書くとヒドイ。

 

もうね、これ、あれだ、仕事じゃなくて、サークルみたい。

 

最後にひとこと。

ヨガが癒しだなんて、

誰が言った?

癒されたくてヨガしてるインドのヨガ行者なんて

想像もできないわ。

ルルレモンとか着て音楽かけてゆったりと動いていきましょーとか、

言うわけないやろーーーー!

サドゥーとか検索してみやがれってんだ。おっと言葉が悪い。
あ、偽サドゥーもいるよ。

ルルレモンはかわいいよね。

 

 

テキストのコピーはできません。