家事ってそもそも何のため?


どうも。

ウイルス対策でとにかく家に居ろと言われている札幌市民のレイコです、おはこんばんにちは。

ねえ何このあいさつ。夫に教えてもらったんだけど。ちゃんと変換候補にも出てくるの。どうかしてる。

 

仕事もヨガとトークセンは休業中。

他のことにも手を出しているけれど今はなかなかできない。

小学生ズは休校中、保育園は登園自粛。

わたしは家事と育児で暮らしています。

 

さて

家事がそんなに大好きでもないわたしが好きな家事の本を紹介します。

愛のエネルギー家事。

家事をやりたくないなら寝てしまえ、

食事を作りたくない気持ちで作るなら、作らないほうがマシ、

そういうことをソフトに書いています。

 

そうなのよ。

わたし、ごはん作りたくないなぁってときに作ると、

本当においしくない。

外でごはんを食べるときも、

おいしい!って思うときと、スカスカだなって思うときと、ある。

高級かどうかではなくて。

本当に、エネルギーを感じる。

 

整理整頓や掃除は、

自分や家族が気持ちよく暮らすため。

それなら、やらされてる感でイライラしながらやるより、

まず休んで、元気なときにしたらいい。

 

ものの扱いはこころをこめて。

 

洗濯物にも感謝をこめて。

 

家事でしたことって、自分を整えてくれる、癒してくれる、力をくれるものだから。

ちゃんと返ってくる。

 

 

自分と大切な人のためにできること。

そういう、優しい本です。

 

難しいことは書いていません。

 

 

テキストのコピーはできません。