ヨガインストラクターなのにポーズを教えるのがつまらない??


ヨガインストラクターになってみたものの、

なーんか、ポーズ教えるのって面白くない。

と、致命的な悩みを抱えていた。

 

なんかピンとこないのである。

 

言われたことをそのまんまコピペするみたいな誘導。

どういうことを言えばいいのかはわかる。

でもなんでそれを言わなきゃいけないのかがわからない。

要するに自分に落とし込めていなかった。

 

あるときから、

ヨガで自分の身体が変わることがわかった。

身体が変わったら心も変わることがわかった。

それもそのポーズですぐに。

ヨガじゃなくたって、どんなスポーツだって続ければ変化は起こる。
ヨガはスポーツじゃない。

でもヨガは、すぐに結果を出す。

もちろん緩やかな効果もある。

 

切り替えスイッチをカチッとしたら、
その後の人生の軌道も変わるような。

 

それで、そういうヨガを伝えられるようになりたいと、
指導者レッスンに通っている。

 

何となくやっていたポーズが、

実はぜんぜんできていなくて、

プルプルして、翌日には見事に筋肉痛。

心はすっきり。

 

難しいポーズをするわけじゃない。

普通のヨガレッスンで出てくるポーズばかり。

アイキャッチの写真なんて、太陽礼拝で最初にやるやつ。

まずそれができていなかった!笑える!!

この写真は写真なので静止状態だけど、実際はプルプルしてます。

 

知らないことを知るという喜び。

できないと思っていたことができるという喜び。

できないと思い込んでいたものがあっさりできたときの驚き。

私たちはもともと可能性のかたまりで、ただそれにストッパーを掛けてしまっているにすぎないということ。

要らないものを捨てて、眠っているものを起こす。

 

自分の肉体と精神にアプローチしていくことって、とーーっても楽しい。

私ってば変態、ってくらい好きかも。

 

自身の可能性に気づくこと

自分で変化を起こせるということ

そういうことを伝えていきたい。

テキストのコピーはできません。