地に足をつけて立てているかい?


地に足をつけて立つ。

精神的なことの話で使う言葉だけど、

カラダも実際にそうであると、ココロが全然違ってくる。

というのは体験しないとわからないだろうけど。

地に足をつけるって、本当に地に足をつけることだったんだ!

ちょっと何言ってるかわからないですよね。。。

 

地に足をつける?できてるに決まってんじゃん!浮いてないし!

と、思うでしょう?

 

それがですね、

ワークをした後は、

どっしり感、安定感を、感じてしまうのです。

、、、さっきまでは何だったんだ?立ててなかった?

と、思っちゃうんです。

そしてこの心の落ち着きというか安心感というか、

こりゃ何なんだと。

何のカウンセリングを受けたわけでも、精神安定剤を飲んだわけでもないのに。
変えたのは、足。

 

地に足をつける、

と言っても、

足の裏をベターっとつけろというのとは違うんです。

むしろそれじゃ良くないです。

浮くところは浮く、

着くべきところは着く。
付く?着く?どっちもかな。

 

わたしの祖父は、偏平足だったので、兵隊さんにはならなくて済んだそうです。

長く歩けないからって聞いたけれど、そうなのかな?まあそうだろうな。

そして若くして胃の病気で亡くなったそうなんだけど、
ここでタイのセン(経絡)を思い出したわたしは「
偏平足で胃か!」と目を見開いてしまうのである。

 

で、これがまた難しい。

ここのポイントを浮かせて、って言われてもできない。
土踏まずのあたり

足の外側で立つ、は何となくわかるような。

足の指を閉じるような動きなんだけど足の指の力は抜けている。。。
できない。手の指ばかりが閉じようとしてる。まるでペンギン。

 

できないながらに、

足指曲げてみたり浮かないところを浮かせようとしてみたり、

そんなワークをすると、

やっぱり変わるんだよねぇ!

これ、ヨガレッスンで立つポーズなんかで「グラウンディングを感じます」とか言っても、
感じようとしただけでも多少は変わるだろうけれど、
ワークした方が絶対にいい。

ちなみにトークセンでもグラウンディングはかなり変わる。

さっきよりはいい。より良い。

でももっと良いがあるのもわかる。

足のワークしてバッグの持ち方がラクになるとかどーゆーこと?って思ってたけど、
床からの力が大事ってこれか!と実感した。やー、これ、伝えたい!
肩にかかった重さが床に伝わる感覚がわかって初めて、意味が分かった。
だから、床が大事ってわからない人には一生分からないんだろうけど、わかったら面白い。

と思うのはわたしが変態だからか?ああ、床反力!
荷物の持ち方が変だと、肩こり腰痛首痛などなど発症するわけでしょう。
肩腰首は悪くなくて、足かもしれないってことよ。

 

これって結局、足のアーチのことなんだろうさ。

足のポテンシャルを引き出せてないのね。

だからって、インソールやなんかでごまかしても意味ないよね、無理矢理の形だけ作っても。だってそれ、インソールの形に乗っかってるだけやないかい。

体が、脳が、使い方わかってないと。

 

鼻緒を締める形、なんだそうです。

ちっとも鼻緒を締められないけれど。

これからの季節は下駄で散歩します。
わたしの小脳が勝手に学習することを期待して。

右もまだまだだけど、左足の方が苦手。
でも右足は頑張ろうとするあまり指に力が入る。

下駄は、小指が落ちる幅でも良いそうです。

足の外側で立つのに小指落ちてもいいんかい?いいんです。

不思議ですよね。わたし、質問しちゃいましたもん。

主役は薬指。

指先から辿ってみれば、脚の骨に力が伝わりやすいのは小指より薬指。

先生の答えを聞いてから、あ、そっか、と前に習ったことを思い出す。

何度も言いましたけど笑、と言われても、忘れるんだからしょうがない。

学びを続けていてやっと、あっちとこっちが繋がる。

あぁ、だからか~、って。

これで覚えたと思う。

また忘れたら新鮮な気持ちで驚けるね。

テキストのコピーはできません。