明るく悩みがなさそうな人に憧れるけれど


強くて悩みがなくていつも明るい人っていいなぁと思う。

まぶしくて憧れる。

 

わたしなんて弱ったり悩んだり落ち込んだりする。

すぐ弱る自分を何とかしたい。

この悩みを何とかしたい。

すぐ落ち込むのを何とかしたい。

 

と、思う人、わたしも含めてですが、

 

まあ、すぐには、変わらんと思いますよ。

残念なお知らせですが。

基本的スペックですから。

ただ、わたしは、

カラダの学びを重ねるうえで、沼から這い上がることは上手になった。
前よりはね。

 

まぶしい人にはまぶしい人なりに良いところがある。

繊細さんも良いところがある。

どっちにもそれぞれデメリットもある。

それでいいんじゃないかな。

 

なんでこんなんなるかなー自分、って思いつつ、

一方で思ったんです、

でもその分、氣付きが多いんだろうなって。

 

考えるから、深みが出る。

それを発信するから、他の人も氣づきが得られる。

感じるから、共感して寄り添える。

世の中の酷さにも氣づくけれど、周りの人が優しいことにも氣づく。

「考えてみたらうちの家族みんな、優しいなぁ」って、涙目になりながら、

こんなこと氣づくのって、悩んでるからこそだなって。
ええ、ちょっと疲れてました。

 

大雑把に生きられたらラクなんだろうけれど、

もっと目の細かい粒々の世界で生きている。

解像度、といえばいいのかもしれない。

 

それに良い悪いもなくて。

 

揺らぎやすいかもしれないけれど、

戻る場所を見失わなければいいのかも。

 

戻る場所を見失わないためには、

軸となる考え方をもつとか、

休息を取るとか、

ひとりの時間をもつとか、

カラダのどこに働きかけるとラクになりやすいか、

自分なりに方法をもっておくといい。

 

自分は別人のようにはなれなくて、

でもこの自分をもっと上手に扱っていくことはできる。

 

それと、

これは繊細さんに限って有効な氣がするけれど、

『自分に意識を向けすぎないこと』

も、いいかも。

刺激の少ないお気に入りの場所で

外界を感じるというのはとても心地よい。

お日様のあたたかさ、風の音、鳥の声。

ぎゅーっと縮こまっていたのが、解放される。

そうだ、自分に入り込みすぎていた、世界は広いんだった、って。

なんかいる。

外界、環境あっての、自分。

周りはどんどん変化していく。

そこで自分は、何をどう変えて対応していくのか。

周りが常に変化していくのに、

変わらない、

を選択するのは、

苦しいに決まっている。

しなやかに対応できるココロとカラダであること。

それはカラダからアプローチするのが早い。

テキストのコピーはできません。