時の流れと、新年の抱負。


最近、年齢を感じる機会が多いです。

いや、膝が痛いとか白髪がとかシワとかそういうことじゃなくね。

何年も会っていない人の写真を見せてもらったら、確実に年齢を重ねていた。

映画で見た子役さんが今は大人になっている。

毎日会う夫や子どもだとそんなことも感じないけれど
息子には背を超されましたわたしそんなに小さくないんだけど

時間を空けて見るとその変化に愕然とする。

それだけ自分だって時間を重ねたわけで。

お雑煮をおいしく作れるようになった。
鶏、ごぼう、人参、大根、みつば。塩とお醤油。
(息子がテーブルにたらした接着剤、もう取れない)

 

こんなふうにあっという間に人生って進むものだろうか。

今まで人生の時間を無駄にしてこなかったか?

もっと何かできたのだろうか。

わからない。

わからないけど、

子どもを3人産んで育てて、退職しただの病んだだの回復しただの、

夫婦の危機だ不登校だイジメだ、

ヨガやってトークセンやってボディワークやって、

何より自分が変わって。

いろいろあったわ。

それでも、何をしてきたんだ自分、って思うのか。

これ、死期が近づいて思いたくはないやつだ。

わたしおばあちゃんになったけど、何してきたのかしら、なんて。

 

 

これから、どうしたいかな。

よりラクに楽しく生きることについて伝えたい、そして一緒に喜びたい。

美しい景色を見たい。

感動を味わいたい。

 

でも、記憶に残らないような小さな幸せな日常もいい。

末っ子の作ったごちそうの方が豪華なお正月。こんな日常のひとこまも大切。

 

どちらも身体あってこそ。

 

そんな、新年の抱負みたいになってきたぞ。

というわけで、

今年もよろしくおねがいします。

 

今年は、ブログをリニューアルしたいと思っています。

より、お役に立てる内容に。

テキストのコピーはできません。