幼少期の感覚と、人間五層説


さて、今日は、いわゆる不思議ちゃん系のおはなし。

 

忘れていたけれど、

子どもの頃、不思議な感覚があった。

思い出した。

幼児のときの感覚。

 

眠りにつくときや、眠っているとき、よく襲われる感覚があった。

身体のなかがとても重く詰まっている感じ。

身体の外側、表面。それと内側。別のものなの。

卵の殻と中身、みたいな感じに似ているけれど違う。

同じ夢でときどきやってくる何かは、とても重低音で、それが響く。

怖かった。怖い、というか、畏れの方に近い。

 

同じ感覚が昨日、やってきた。

 

朝起きてぼんやりしているとき。

自分はどんなふうに最期を迎えるのかな、って考えていた。

そのときの身体の感覚はどうなのかな。

って意識をふわふわさせていたとき。

身体の中にものすごい質量みたいなものを感じた。

現実的に科学的に、という質量でなく。

もんのすごい、ギュッと、身体に押し込められているものを感じた。

身体の表面は柔らかく丈夫な殻で。

中に、詰まっているのとは違って、

凝縮、圧縮、うーん、何とも言えない、

次元が違うってやつなのかな。

ああ、これが身体の外に解放されるのが、死なのか。

ぱぁっと広がるんだ。

と、思った。

 

そして、人間五層説、が頭に浮かんだ。

五臓説ともいうみたい。パンチャコーシャ。

人は五つの層でできている。

 

外側から、

食物鞘:肉体の層。食物から形成される。

生気鞘:エネルギー(プラーナ)で形成される。プラーナは呼吸によって体内に取り込まれる。肉体と心の架け橋はここ。

意思鞘:感情、心。外からの刺激に反応する。

理智鞘:認知や知的判断。起きたことを意識を使って判断する。

歓喜鞘:魂、記憶の貯蔵、無意識

歓喜鞘の最深部には、プルシャ、純粋意識がある。宇宙、生命全体と繋がる。

 

わたしが感じたのはどの層なのか、全部なのか、わからないけれど、

不思議な、でも怖くなくて、幸せな、感覚だった。

五層って、学んだだけなら、ふわっと包むイメージをしていたけれど、

もっと、ギュッとなってるんだな。

 

そりゃそうか。

 

人は、いろんな記憶や、カルマや、可能性を、もっているんだな。

ものすごーく、たくさんの。限りない。

テキストのコピーはできません。