ボディワークは生き方のレッスンだなって


ボディワークを学んでいると、

自分がいかにいろいろ知らないかを、思い知らされる。

そんな簡単なことを!!!

わたしは知らずに生きてきたのか!!!!!

って。

わたしにとってのボディワーク

 

身体の使い方を勉強していると、

心の使い方にも応用できることに気づく。

 

 

うまくできないことって、

ただ知らないだけなんじゃないかな。

知らないことと、思い込み。

 

 

知らないから選択できないだけ。

辛いことが当たり前だとか、これ以上ないというのは、ただの思い込み。

どうやって違う視点や動きを手に入れるかは、

教えてくれる人や、違いを示してくれる人が居てこそ。

幅広い経験をしていれば、

そのときその状態に合ったものを選ぶことができる。

いつもこれじゃなきゃダメってことはない。

誰かの快適が自分の快適とは限らない、全然。

ポイントは、しなやかであること。

何かの不調の原因は、気にしているところにはないことが多いこと。

全体を見ること。

自分のことって本当に見えないもんだな。

 

学びは、ひとりではなくて、

相手、先生、仲間がいてこそ、

って思ったら、

なんだかとても温かいきもちになって。

 

身体だろうが心だろうが、行き詰まりを感じたときに、

「じゃあどうしようか?」

って思える。

絶対に何か方法があると確信している。

そして絶対に良くなるとも。

わたしにとっては、それは、ヨガやボディワークの思考から来ている。

身体の動かし方を学んだだけじゃなくて、

思考のレッスン、でもあったんだな。

身体と思考、ってことは、人生変わっちゃう、生き方のレッスン。

 

 

助けてもらえる。

他人が快適になるのを喜べる人がいる。

そういう世界があることにも救われる。

そういう人たちに出会えたことが、

ここにはこんなにもそういう人たちが集まっているんだということが、

わたしにとっては感動なんだよねぇ。

そういう世界がほしくて、かつてのわたしは学校に勤めようと思ったのかもしれないなぁ。

 

 

テキストのコピーはできません。