家事育児の相談をしても、たらい回され感が半端ない。


家事育児でいっぱいいっぱいになっちゃうときがあります。

相談してくださいってよく言われますね。
虐待とかしてしまう前に。

さて、相談してみましょう。

 

夫は「お母さんに頼れないの?」と言う。

母は「パパがいるでしょう」と言う。

そりゃ私の子ですけどね。

保健センターで相談したこともある。
心療内科とか行ってみたらいいですねと言われた。

心療内科に行ったら、カウンセリングで話は聞いてもらえるけど、何の解決にもならない。
ゆっくり呼吸してみましょう、とか、
もっと早く旦那さんが帰ってくれるといいですよねぇ、とか。

で、夫に話してみる。「お母さんに頼れないの?」…(;´д`)

 

そりゃ虐待が起こると思わない?
相談してたけどやってしまった、ってニュース見て思う。

てんやわんやの状態を一緒に笑い飛ばしてくれる人がいてくれたら、いいなって思う。
それだけでいい。

で、それは結局、私には、友達だったりする。
きっと助けてもらえる、というだけで安心感が違う。

話を聞いてくれる人、
遊びにおいでと言ってくれる人、
ヨガしようと言ってくれる人、
ごはん作ろうかと言ってくれる人。
ありがとう。

残業当たり前の日本社会を批判したって何も前進しないからさぁ。
じゃあ今何ができるかってことだよね。

誤解のないように付け足せば、夫はわりと協力的です。
家事も育児もできます。