トークセンで子どものホームケア


高熱が下がったと思ったら
「耳が痛いー!」って泣く末っ子。
えええ、また保育園休み?
病院ねぇ、このパターンは中耳炎だよねぇ、耳鼻科か。
と、病院に電話したものの、うーん、経過観察、薬と切開か。
確かに夜中何度もグズって起こされたがコレか。
でも熱はないしずっと泣くわけでもないし。

病院で治してもらう、って言うので、ほんとに痛かったんだと思います。

…トークセンで何かできるかな?
耳の繋がるラインは、、ウランカ、ラウサン、中耳感染って書いておるがな!
そりゃ叩きましたよ。それでまた痛むようなら、午前のギリギリで受診しようと。

約30分後、
「痛くない」
って言ってます。
え?ほんとかいな?

そんなすぐに治るとかないと思うんですけど、何か変化はしたのかも。
軽症で経過観察しかできないとしたら、何もしないよりはずっと良いだろうし。
子ども自身の安心感も違いますよね。
お母さんがコンコンしてくれたから大丈夫、って。

顔用トークセンが小さいので、末っ子が真似したいとき用に買ったのですが、意外と役に立ってます。
師匠からいただいたものではないのですが。
来年は子ども向けトークセン講座を受講したい…。
それまでは、道具ではなく腕ですよね?ということで精進します。

トークセン入れはダイソーで200円だったうさぎのモフモフしたやつです。かわいい…。

元気なのにお休みの娘と、今日は何しようかなぁ。

テキストのコピーはできません。