一人で銭湯へ行って気がついた、あまりにも子ども中心だった自分


昨日の夜、晩ごはんのあと、

一人で銭湯へ行った。

 

育児ストレスから解放される時間をもつべきであるとの夫の提案。

 

一人で銭湯へ行って、

気づいたことがある。

 

 

こんなに自分中心の時間を過ごしたことがあっただろうか。

 

自分だけのことを考えた時間、最後はいつだっただろう?

 

 

服を脱ぐときも、

きちんとしまえとか、

トイレ行きなさいよとか、

ママぁ~トイレ空いてないー!

が、ない。

 

急がず身体を洗ってから

せかされることなく湯舟へ向かう。

ぼけーーーっとお湯に浸かる。

気が向いたら違う湯舟へ入り、

気がすむまでそこに居られる。

サウナにも入れる。

丁寧に頭と身体を洗う。

男湯組と上がる時間を合わせなくてもよく、

服をどれだけ早く着れるか大会(そんなのない)みたいに急がなくてもよく、

ああ、授乳しやすい服ばかり着てるわ、

とパチパチとスナップボタンをとめ、

髪はしっかり乾くまでドライヤーをかけ、

化粧水をたっぷりと手に取り優しく顔を包む。

 

私、不覚にも化粧水をつけながら涙が出そうになりました。

銭湯のパウダールームで涙目に(´Д`)

 

こんなに自分を丁寧に扱ったことが

あまりにも久しぶりすぎた。

 

どうしてこんなに疲れてるんだろうと

思っていたけど。

どうして胸や背中が苦しいのかな、

我慢をするほどグッと苦しくて、

でもお母さんなんだからできると思っていて。

 

 

いや、辛かったんだわ、わたし。

そりゃ辛いわ。

だって風呂のひとつホッとする時間がなかった。

子どもと触れ合えて楽しく話しながら入るお風呂もいいけど。

お風呂以外の時間だって、

自分というものを無いことにしていた。

 

数時間前に夫に話していたことを思い出した。

ねぇ、でも母親なんだから、

生き物として、

子どものために全力投球して

育児ノイローゼみたくなるのおかしくない?

子どものために、ほら、

鮭なんか全力尽くすじゃんよ。

…はっ!でも鮭は死ぬね!!

人は死んだら困るね!!

本当の全力をつぎ込んだらダメなんだ(・・;)

自分のことも大事にしないと。

 

行き帰りの車の中も、

子ども向け音楽を聞かなくてよくて、

アンジェラアキや川村結花の曲を

大きな音で聴けて

たまに一人ってほんとにいいなぁと

思ったのでした。