英語教育、つかえる英語、大学って


何か知らんけど英語の先生に

ぜんっぜん関係ない話なんですけどね。

わたし、大学の専門は英語教育学だったんです。

英語ができたわけじゃない。

英語科受けるって言ったとき、高校の英語の先生は

「で、本当はどこを受けるんだ?」

って真面目な顔で聞いたからね。

国語の先生になりたかったんだけど、

数学ができなさ過ぎて、まともに国語科受けたら落ちると思ったから、

推薦入試を受けた。推薦枠は英語科しかなかった。

まー、英語は得意じゃないけど、英語の授業って楽しくできるし、

わたしの中学の時の英語の先生が面白い授業してたから
主語はBenとGaryだし(下品
極まりない)
ギター弾いて歌ってたし
映画見たり、洋楽のシャドウイングしたり

英語専門でも、副免で国語の免許を取ればいいか。

というだけのことです。
そして結局国語科の免許取らんかったんだけど。幼稚園と小学校を取ったの。

必死で英作文と英語面接の練習をしたものです。

 

いまだに英語は得意じゃなくて、

中学校の英語の先生になってしまったときも、
しかも体育と兼任するっていう僻地校の謎

ALTとは日本語で喋ってました。

向こうは英語で喋って、

こっちは日本語で喋って。

聞けるけど話すのは難しい、ってあるじゃないですか。

職員室で周りから変な目で見られましたけど。

そりゃそうですよね。

英語喋ってきてるのに日本語で返事して、

会話が成り立ってるっていうね。

でもここ日本だし。

「え?何?どーゆーこと?」って聞き返したりね。

いや一応ときどき喋りますよ、英語。出川さんよりはたぶん。

日本人は英語圏に行くと英語喋ろうとするのに、日本に来た英語話者って何で英語で話しかけてくんの?全員がそうって意味じゃないけどさ。

ま、何だって、伝わればええやん。目的は、伝えること、わかること。

 

発音なんてそんなに重要じゃない

わたし、それでいいと思うんですよね、コミュニケーションって。

発音が大事かもしれないけど、

あまりにもきれいな発音をすると「こいつ喋れるんだな」って思われるから、

自分の英語レベルに合わない発音をしようとしなくてもいい。

国連の何とか長の人のスピーチ聞いたことあります?中国人だったかな。

酷いですよ、発音。笑

それでもいいんですよ。

例えば日本語を話す外国人が、日本語の発音下手だからって何なの?

一生懸命話してるんだから、わかろうとしてあげるよね。

 

子どもに英語教育が必要か

子どもの英語教育がどうのとか言ってるけどさ、

そもそも日本語でコミュニケーションできてるのか。

謝ること、お礼を言うこと、きもちを伝えること、

そういうことを日常的なトラブルが起こる中で指導しているのに
指導という言葉は好きじゃないがとりあえず

英語でコミュニケーションができるようにって

それ別に学校でやらなくてもよくない?

とわたしはずっと思っていた。

専攻が英語で小学校に勤めるって、時代的にはタイミング良かったんだけど。

 

それでも

英語の授業って

たのしくしようと思えばできるから好きだよ。

遊びながら学べるもの。

 

それにね、

中学の英語がわかっていれば、

問題なくコミュニケーションはできると思う。

そういう意味では、中学英語の内容って、結構良いと思う。

今でもわたしが喋るとき、中学の時の教科書の文を思い出すことがある。

あれがベースになって、出てくる。

いくつか定型文を覚えれば、というか染み込めば、応用できるようになる。

 

使える英語

ところで、

わたしが大学のゼミの教授に教えてもらった使える英語がある。

それはですね。

What the word I want?

です。

何ていう言葉だっけー、です。

ほんとにこれ、使えます。

こういうのが、使える英語じゃないっすかね。

これ、教科書で習ったことはないね!

 

中学生の息子は、ALTが来たら周りより喋れるみたいなんだけど、

文法間違うしスペリングも間違うから、筆記テストの点数にはならなくて、

英語が苦手教科ってことになってる。

正直、アホかと思う。

喋れることに対する評価が低い。

でも入試の点数ってあるからなぁ。

完璧な英語じゃないってわかってても、それを使ってコミュニケーション取ろうとする態度、って、めっちゃ大事だと思うんだけど、まあ学校で学んで身に付くものでもないのかも。

 

それこそ英語科の推薦入試の英作文で、ボロボロの毛布、の毛布って単語が出てこなくて(blanket)、thing like a old towel って書いたの。それこそボロボロの毛布感あるわ。毛布わかんないもう大学落ちた、って泣きそうになったけど、逆に運がよかった。忘れられない。冷蔵庫開けて「何で冷蔵庫開けたんだっけ?」な記憶力のわたしでも、それは忘れられない。老人がボロボロの毛布を着て寝ていた、みたいな文。何故そんな文を書かせたんだ教授よ。知らない単語があったらどうするか、って、試されるよねぇ。

 

英語の教員免許取るための勉強って

ていうか知ってます?

英語の先生になるために、大学でどんな英語の勉強するか。

古英語(英語のなりたち、英語の歴史を分厚い英文のテキストで学ぶ、単語のこの部分ってこういう意味があって、とか本当に意味が分からなかった泣 今思えば、言語って征服の歴史なのかもしれない)
英米文学(ひたすら訳すんだけどあんまり意味が分からない。でもシェイクスピアって面白いんだなと思ったのは収穫)
英会話(会話あんまりしない)
これがわたしの記憶にある英語学と文学と英会話の講義で、

英語教育学って何やったんだろう?シャドウイングとか?
脳の言語獲得装置、臨界期、生成文法、とかの話だったな。ノーム チョムスキー。

というわけで、覚えていないんですね。

教育学に関しては、
学校で道徳教育はできないしするべきでない、って試験で書いて、
単位落としましたね。
あれから20年くらいたって、道徳が教科になりましたねぇ。
そんなことより、クレーム対応の仕方や、ココロが折れない教員生活、みたいな講義が実践的だと思うよマジで。

わたしは、生活指導論の講義が好きでした。
やさしい先生の視点がいつも語られて、毎回くれるみんなの感想みたいなお便り読んで泣いてた。いいなぁ、こういう学級経営、、、でも現場に出たら確かに子どもはかわいいけど、暴れる子どももいるし、殴り合いの喧嘩は始まるし、変なクレームと残業ですよ。いやそりゃあ笑うときもありますよ。嬉し泣きするときもありますよ。

我が子に大学に行ってほしいとは思っていない

、、、だから、大学って何だろう。と思うわけです。
実験施設とかが要らない勉強なら、大学行かなくていいんじゃない?って我が子には言ってます。それこそ教員免許とか、どうしてもっていう理由があるなら行けばいい。
行きたきゃ行けばいいけど、あんなに時間とお金かけるなら、もっと他にあると思うんだよなぁ。

学ぼうと思えば、学べるんですよ。しかも、学校より質の高い学び。

そして、大学はあんなだったけど、当時のわたしにもっとやる氣があれば、留学だってしただろうし、旅にだって出ただろうな。

お金がない、ということを言い訳にして、しなかったこと、あったなぁ。

もうこれからは、それはやーめた。と思っての今。

 

言語は征服の歴史であるとしたら

ところで、覚えているかわかりませんが、

言語って征服の歴史って書いたでしょう。

どこだか地方の何とかという民族が攻めてきて混じったからこう変化して、

そんなことが何度もあって今の英語です、

っていうことなの。

そう考えると日本語って何なんだろう!

確かに、英語ができると、コミュニケーションを取れる人が格段に増える。

日本語にはない情報を取ることもできる。
とくにこのご時世、日本語以外、特に英語の情報が読める聞けるって、役に立つこともある。
日本より進んでいる学問分野の勉強もできる。

イギリス人の転入生が入ってきたから喋りたい、これどう言うの?っていう勉強は本当に実践的。
否応なく喋りましたよねわたしもww イギリス人ってホントに折り紙喜ぶんだ!ということも知った

だから、学びたければ学べばいい。

でもそれが強制になったとき、どういう意味なんでしょうね。

特に言語の場合ね。

 

何だこの内容は、っていう記事になってしもた。

まあいいわ。

おわり。

 
なんかすっごい懐かしいカレンダーもらった。

こんなに懐かしいのに、来年のカレンダー。

テキストのコピーはできません。