スキンシップと 子どもの自殺


子どもが自ら命を断つことが増えているというニュース

コロナ禍で生活の変化は様々

いろんな制約

変更に次ぐ変更

マスクによる酸素不足

カリカリイライラする大人たち

経済的な心配がある家庭もあるだろう。

わたしは原因の一つに

スキンシップ不足があると思う。

コロナ禍では友だちと触れ合うこともない。

表情もろくに見えない。

いじめが増えているのも、そういうのあるんじゃないかな。

そう思ったのは、

中学生の息子が最近

末っ子をギューギュー抱きしめたり

親にペタペタ触るようになったから。背中とか肩とか。

スキンシップが足りないんだよぉ、と。

もうわたしの背を超えた男子に

「おやすみ」って背中にくっつかれるとマザコンにならないか心配にもなるが

いやしかし

確かにそうだ。

夫婦なり恋人なりパートナーがいれば

手を繋いだりハグしたりもする。

そういうのない人についてはここでは知らんが。

保育園児は、入り乱れてディスタンスもなく遊んでいる。親や先生にもくっつく。

でも、小学生や中学生や高校生って、

誰とスキンシップとるだろう?

近くに寄ることすら注意される世界で。

ちょっと変わった大人たちなら、やたらとハグもする人たちも知っているが。。。

だからそういう大人に会うときは、

ハグしてもらっとけー、

って言う、最近。

意識して、触れてみようかな。

ハグでどれたけ救われるか、

されたことのあるわたしは知ってる。

テキストのコピーはできません。