受け皿とエンジン


わたしが経験してきたこと、学んできたこと、

好きなこと、得意なこと、

それが他の人の役に立つんだったら、

それを伝えたい。

と思っているんです。

 

でね、

それをどういう形で出していくかって、

考えていた。

本も読んだ。

動画も見てる。

自己啓発系のそれらが言うことはだいたい同じだ。

自分を愛そう。

好きなこと、得意なことを把握しよう。

タスクを細かく分けて小さなことから始めよう。

お金をいただくことに罪悪感はいらない。

自分に投資しよう。

相手のニーズを知ろう。

無理だと決めるのは自分だ。

やったことない人の言うことは聞かなくていい。

はいはい、知ってる。

 

不惑の年齢でイマココなんて、イタイ人だなぁ、

と思いつつ、

でも、年齢じゃないさ、と思う。

諦めたら、きっとこの先、後悔するから。

一応ね、もうとっくに個人事業主なんだけどね。歩みがのろい!

でもほんと年齢じゃないと思うんだよね。

年齢関係あるって何故なのかね?いつからそう思うようになったんだ。

今バリバリ働いている人だって、

よりよい条件や興味とかで転職することだってあるじゃない。

どう生きたいかを考えて動いていくなんて、

死ぬまで続けていいよ。

 

それにしても今なんかモヤモヤしてて動けない、

こういう人、少なくないと思う。

したいことがあるんだ、でも、なかなか進まないんだ、という人。

 

たくさん学んでる、セミナーにも出た、グループにも所属してる、とか。

でもどうして、しっくりこないのか?

それは。

 

学んだことが、知ったことが、落ちてないのよ。

カラダに。肚に。

 

頭ではわかっている。

知識としては知ってる。

言われたことをやっている。

でも、

それが、外付けなのよ。

自分から出たものじゃない。

言われたからやる、そうらしいからやる、

教えてもらったからやる、

そうじゃなくて、

よし これだ、って自分が思ってやっているか。

行動してるのにうまくいかないのは、本当に自分の意思で動いているのか。

行動に移せないのは、本当にそれをしたらいいって思っているのか。

結局自分なの、自分の受け皿の問題なの。

どんなに有効とされること知っても。

マニュアルをなぞっていくのではなく。

結果的にマニュアルと同じことをするにしても

その原動力が自分の肚からなのかってこと。

どこかで甘えてないかってこと。

言うとおりにしたら成功するよね、みたいな甘え。

選択を他人に任せたような。

だいたいこうしたらいいですとかっていうメソッドも、
出した瞬間から劣化していくわけよ。

この変化変化の時代の中でさ。
常に更新していっている人の話を聞きたいよわたしは。

 

じゃあどうやったらそのフワフワ状態から

受け皿しっかりして自分のエンジンかかるかって、

肚が据わった状態になれるかって、

それがカラダを整えるっていうこと。

受け皿しっかりしてないと、どんな良いものもそこに乗らないよ。

ぐだぐだ悩むなら、カラダを整えろ。

そういう意味で、あの記事書いたんです。

 

上っ面だけじゃない、在り方から変わる。

言われたことやっと納得できましたとか、

自分と向き合って変わりましたとか、

そういうレベルじゃないのよ。

中から全部変わるのよ。

がんばってがんばって何かして目標達成、じゃなくて。

あ、そういうことだったのか、って、

氣づいたらそこにいた、って感じで。

それが肚落ちであり自分のものになるってこと。

というより、

もともと自分の中にあったものと、学んだこと知ったこと聞いたことが結びついた。

この方が合ってるな。

やーもう何て表現したらいいの?

世界が変わるの。

一点にフォーカスして努力して狙いつけてたそれをゲット、じゃなくて、

欲しいものを狙ったわけじゃないんだけどグルンって変わっちゃうの。

カラダを整えることで、カラダが整う以外もいろいろが変わるの。

次元変わったっていうの??笑

 

頭でわかろうとしていた外側のことが、

ただの真実になったみたいな。

すみませーん、わかる人、いますかぁー?

 

そういうことがね、整っていくと、なるみたいね。

テキストのコピーはできません。