働かざる者食うべからずという言葉がほぼ主婦みたいなわたしには辛い件


わたし、一人で食べるごはんってなんか罪悪感あるんです。

晩ごはんはね、家族のために作るから、平気なんだけど。

昼ごはんは、自分のためだけに、お金と手間をかけるのが、悪い気がする。

程度は前よりずっとマシになったけど。
つべこべ言わないでとりあえず食べることにしてみてるの。
そうすると、動く元気も出る。
わたしなんて価値がない、って食べなかったら、働く力も出なくて、ほら働けないでしょ、って悪循環に気づいたの。

 

だって~なんだもん、という言葉に当てはめるなら

 

だってわたし、あんまり稼いでいないんだもん。

 

だけど、

稼ぎたいのかと言えば、

そうじゃないんだよね。

ありがたいことに、夫の稼ぎで困らない生活をしているし、

稼ぐことを第一にした生活をして心身壊した経験もあるし、
それはわたしの望む生き方ではなかったのに無理したという方が大きい

心穏やかに、無理をせず、家族が平安に暮らせることがわたしには大事。

だから、

学ぶにもお金はかかるから人様のお役に立てることでそれがお金という形で循環したらいいとは思っているけれど、

ガツガツ今すぐカネカネカネっていうのはない。

 

わたしはわたしなりに、

自分の心とからだを整えつつ、

心とからだの様子を見ながら、

調整しながら生活の中にしごとを入れていってる。

その速度が、

一般的な人々から比べれば、

超スローなのはわかっている。

だから、ときどき、

こんなんでいいのかな、

って思う。

いいんだ、って思うんだけどね。

 

だって、幸せに暮らすためにお金を稼ぐのに、
お金を稼ぐために嫌な思いをしたり身体に無理をかけたりしたら、
何してるんだかさっぱりわからない。

それに、末っ子を保育園に預けて、
ときどきレッスンや施術もあるけど、

収益目的でもないブログ書いて、心と身体の勉強して、、、
お金にはなってないの。
でもわたしにとってはシゴトなの。
必要なことだと思う。

しかも、こういう生活をするために、外で働いていたときの稼ぎは貯金していた。
わたしが稼いだお金、ちゃんとあるじゃない。
なんでリアルタイムで苦労しないとダメなんだ?

お金についても結構勉強したよ。
そもそもお金とは何なのかっていうところ。
わかったら、ホントくだらなくて、アホらしくなった。
https://youtu.be/jWaaUCKkak8
こういうのとか。貨幣の真実。
https://youtu.be/Lht1z5YgJ-I
愛先生のこれも面白かった。自分の値段のつけ方。サムネがくしゃみの瞬間 笑

 

 

どっかの誰かの要らない概念だなぁって思う。

自分がどうしたいかは奥底ではわかっているのに、

自分から生まれたものでない概念が、

自分の思考や感覚を邪魔してくる。

外してしまいたいのに、

それはねっとりベトベト、

なかなか拭き取れない。

必死で拭き取ろうとする自分。

そんなところにエネルギー割いてるなんて何なのって思いつつ。

 

 

どうしてなんだろう、

って考えると、

いつも、

『働かざる者食うべからず』

という言葉が浮かぶ。

 

家事育児だって働いてる内じゃない?

わたしが今やってることだって、

将来的な仕事に繋がるって思ってるじゃない?

それに、他人から見たらのんびりだろうけど、

自分としてはこれ以上詰め込むとグッタリしそう。

なのになんでわたし、

自分は働いていない、

稼いでいない、

だから食べるだけの価値がない、

ってなるんだろう?

どうして、

労働の対価として他所からお金をいただくことばかりを、

働く、

役に立ってる、

と思っちゃうんだろう?

今のわたしは役に立たない人間だ、

って、無意識に思ってるってことなんだよな。

 

 

 

「誰に食わせてもらってると思ってるんだ」

と子どもの頃に言われた記憶。

それを言われてしまったら、

どうにもこうにも、言うことを聞くしかなかった。

生きていくために。

どんなに理不尽だと思っても、話し合うすべもなかった。

 

その記憶のせいにして生きているわたしがいるのかも。

その傷を大事に取っておくことで、

それを言い訳にして、

わたしは何をしたいんだろう?

 

ウツになったのも、

仕事辞めたいって言ったのに夫がやめさせてくれなかった、

ってずっと夫のせいにしてた。

手に職つけろ、教員やれって母が言ったからやった、

って、母のせいにもしてた。

食わせてもらわなくても生きていけるように、

絶対に食うに困らない収入を得られるようになりたかったのは、

父に食べさせてもらう状況が嫌だったから。

全部、人のせい。

 

でも、最後に決めるのは自分なのにね。

 

じゃあ、わたしは、どうしてこういう思考になったのか?

いろんな要らないものを取ったら、どうなるのか?

そこを知るためには、

巻き戻して整理していく必要がある。

 

いやね、だってね、おかしいと思うの。
食べるための数百円に罪悪感あるのに、
学びに使うお金は万単位でしょ。
それ、何とも思わず出せるのよ。
勉強にはお金使っていいっていう親の影響もあるんだろうけど、
それにしても何なの。

 

つづく

つづきは、

誰に食わせてもらってるんだという人の心の奥について。

の、予定。

 

更新しました
ちょっと予告とは違ったけど

働かざる者食うべからずの意味って何なの?

テキストのコピーはできません。