わたしの変化と、ボディワーク好きと言う語りと、トークセンとのつながり


わたし、過去にあんまり笑えてなかったんですよ、たぶん。

もうずいぶんと写真は処分したんだけど、

残ってたやつを前回の記事であげた。

あ、あと、まだあった。

これは前回の写真よりも現在に近い。

ちょっと女子らしい髪型にしてみたとき。

まだ心の扉は閉じてます←どんな表現

そして

今はこれです。
わかるでしょうけど一番手前です

何ならこれです

それって

似てるよね。。。
画像お借りしました

 

仕事してるとき

手ぬぐい首に巻いて笑ってます。。暑くて

この仲間たちについては
親子でヨガのハグプロジェクトのブログをご覧ください
HUG!project

 

わたしがどうしてこんなにもボディワークにハマり続けているかというと

初めてプライベートレッスンを受けたあとの自分の顔に

衝撃を受けたからですね。

ウツから抜けきれない不安と重さ、

したいことはたくさんある、と言いつつ

例えばどんなこと?って聞かれても出てこない、

身体はあちこち痛い。

パニック障害の話はこのときしたんだったか。。。

そんなこと言って始まったレッスン、

終わったら、コレですもん。

わたし、笑えるんだなぁ。

 

あのとき思った。

あ、わたしの中に、全部ある、って。

今 不満や不安に思っていること、

解決する種は全部自分の中にある。

そんなことって、いくら理屈で言われてもストンと落ちないと思うのだ。

でも、身体で、わかってしまう。

だって、さっきまでできなかったことが、

さっきまで辛かった動きが、

より楽になった。

見る人が見ればちっとも動けていなくて、まだまだ先があるんですけどね

しかも人に施術してもらったんじゃなく、

自分で動いたことで。

自分で変えられるって、ものすごい希望だった。

ダメなんじゃなくて

うまく自分を扱えていないだけなんだ。

人も環境もどうしようもないけれど、自分さえ変わればいいんだもの。

それならできるかも。

そうして、始まった、学びの旅。

もっと変わりたい、進みたい。

 

きっついヨガレッスンにも出たし、
こんなきついのって頭おかしいんじゃないのって正直思ったけど効能は抜群

指導者レッスンにも出た。
ヨガのアーサナの効能について知らないともったいない。

専門職でもないのにヨガセラ公認ボディワーク講座にも出た。
わたし病院で働く人でもないのでチンプンカンプン。ペア組む人に申し訳なかった

今は2期目。
懲りてない

本当にどうかしている。

 

トークセンとボディワークの考え方って、

結構重なる。

痛いところを叩かない、っていうのとか。

他が仕事してないから痛くなってる、っていうのは、

どっちの学びでも出てくる。

最近は、このワークならこの部分にアプローチする、

って考えると、センでいったらここも繋がるのかな、って考えたり。
センとはタイの経絡です

脚を叩いてグラウンディング感じてからのワークとかしてみたり。
しかし叩くだけで立ち方変わるって何なんだろう??

人によっては、叩いた振動が身体中に伝わる経験をすることで、

ボディワークするときの身体の繋がりの感覚が鋭くなる。

結局のところわたしはトークセンだってまだまだ学ぶことが多すぎる。
目の前の人にできることはそのときの全力でします。

 

あとね、センの存在を感じたことがあって!

左右に揺らしてもらっていたとき、ある瞬間から中心を感じてくる。
揺れて中心を感じるっていうのをやるんですよ、ボディワークでね

あるはずのない中心線を、はっきりと感じた。
背骨だけじゃなくて頭の中だもん!頭の中になんか棒みたいの入ってるって感覚!

えー、じゃあこれ、スマナってことー?と
身体の中心です、ヨガで言ったらスシュムナーに近い
身体の中のこれを狙って叩くという意識になると叩き方変わるよねぇ!!

揺らされながら静かに興奮していたことがあります。。。

これってマニアックなんでしょうか。。。

 

というわけで、

自分の変化も面白いし、
除雪や抱っこの腰痛がなくなったっていうのは本当に驚き

トークセンとボディワークという別方向なのになんか同じっていうのも面白いし、

まあ結局自分が変わって人生が予測外の方向に行くのが面白い。

前なら絶対しなかったこともするし。

ぼんやり悩むんじゃなくて、生産的になってきてるとも思う。

 

あとね、

身体を動かすと心にも繋がっちゃうことが多々あって。

どうして今この記憶や感情が出てくるんだろうって。

トークセンしてもらっていても、そういうの、ある。

急に思い出してウワーってなるようなこと。

それで、の続きはまた今度いつか。

 

 

テキストのコピーはできません。