一番身近な人との関係が良ければ結構いろいろ大丈夫なんじゃない?


すべては自分からなのだ。

そのためにできること。

自分自身と

自分のいちばん身近な人との関係がうまくいっていれば、

土台は安定するだろう。

思って。

 

家族との時間を大切にしよう、

思ってること言おう。

そう思ってみたものの、

いざ休日になると、

わざわざ「家族会議だよっ!」という氣にもならず。

まあみんなで外にでも行こうよと

キャッチボール。

ここはたいていいつも人が居ない。
寒かったから余計に。

その間にわたしは末っ子と枯れススキで戦いごっこをしたり

ヨモギを集めてみたり。。。

いい香り。

 

まぁ何だかんだで

ふと空いた時間に

わたしこう思ってるんだよね、

こういうのが嫌で、こうしたくて、

協力してほしいんだけど、

今のやり方じゃ難しいならどうしたらいいと思う?

って言ったら、

ちゃんと家族も考えてくれるもんだ。

 

こういう話し合いって、

わたし、子どもの頃したことなかったなぁ。

夫婦関係を作っていく中で、身につけたように思う。

新婚の頃は家出したし、

怒りをぶちまけたし、

わたしこんなに頑張ってるのになんでやってくれないのって、

わたしのきもち考えたことある?って、
考えてるなら何でそういうことすんのよって追い詰める、よく離婚されなかったな

言えば言うほど険悪にしかならなくて、

でも、

吐くほど喧嘩してみてわかったことは、

結局、

わたしはわたしを大切にしてほしいし、

あなたと仲良く楽しく生きていきたい。

欲しいのはそれで。

だったらそのために何ができるのか。

わたしはもう怒りをぶちまけて喧嘩するほどエネルギーはない

 

でもそんな冷静な思考は、

自分が整っていないと出てこない。

どうして自分はこんな風に思っちゃうんだろう、

の、どうして、の探り方には二つの方向がある。

ひとつは、

「あの人がわたしにそういう思いをさせた」

もうひとつは、

「そういう思考にさせるわたしの経験は何なのか」

 

前者の方向に進むと、過去の新婚のわたしになる。

でもそれでは苦しみしか生まない。

腹を立ててはいけないわけでもないし、それを言っていけないわけでもない。
感情をぶつける『だけ』では解決には程遠いだけ。
ごめん、ごめんって!と夫は言うしかないわけだ。
そりゃそうだ、何言っても怒るんだもん。
ひでーな若妻レイコ。

 

後者は後者で、向き合うのは苦しい場合が多い。

だからきっと無意識に逃げて、人のせいにするのだと思う。

でもここの関係に氣がついたとき、

過去の経験と共に昇華される。

思考の癖。反応の癖。

そう簡単に昇華されないならば新しい課題の発見だね。。。

すべては自分。

そしてこの仕組みが腑に落ちると、

自分だけでなく他の人のこともそういうふうに見えるから、

相手を憎まなくて良くなる。

ああ、きっと何か理由があるんだね。
そしてこれから変われるかもね。
変われた時はもっとラクだし素敵になる。楽しみだね。
と、自分にも他人にも心から思えるようになって、本当にラクになった。
可能性しかないっ!

 

 

日常の生活が快適ならば、

自分に余裕ができる。

余裕があれば、

外で日々いろいろなことが起こっても、

反応ではない対応ができる。

なんか最近辛いなぁと思ったら、メンテナンス時期のお知らせだってこと。

 

星周り的に言うと今はカルマの大解消の時期らしいから、

いろんなことが起こるのでしょう。

対応できる心身であることが何よりもまず大事かと。

 

だからわたしは身体を整えることもするし、

家族との関係を大切にする。

そこが土台だと思ってる。

 

あともう一つあってねぇ。

住環境も、土台だと思うんだよなぁ。

うち、全員、片付け苦手で、

それが今回の家族会議の議題でもあった。

 

まー、何とかなるだろ!

急に完璧にはならないし、

人によって完璧って違うし、

そもそも完璧って要らないし、

一度言ったからって解決にならない。

目の前に現れた課題をクリアしていく。

テキトー!(*’▽’)

 

 

わたしが仕事と言う名のお楽しみ会に参加している間、

長男がよもぎ団子を作ってくれてた。

洗ってゆでてミキサーにかけて粉と混ぜて、、、!

写真は映えないのでないけど、美味しかった。

ちなみに彼は魚も捌きます。自分で釣った魚は自分で捌け!

中一男子、料理が好きで得意。いいなぁ。

夫もわたしより料理が上手。レシピ通りに作るから。
わたしはテキトーだからな~

 

長くなった。

尾てい骨や仙骨あたりが振動する話は次回以降にしよ。。。

 

テキストのコピーはできません。