努力は報われるストーリーに騙されるな


はい、来ましたよ、ポイズンの香りがプンプンしますね。

やー、もう、小文字が多めになる予感しかしない。

 

先日ある水泳選手がこんなようなことを言いました。

「苦しくてもしんどくても努力は報われるんだなと思いました」

と、涙ながらに。

 

わたし、吐きそうになりました。

これ、好きな人いるだろうな、って。

あ、ちょっと待って、怒らないで、説明は続くから。
ファンの方、ごめんなさいね。
この方が悪いとは言ってません。
この方の扱われ方がどうなのって思ってます。
この方が後で自身の発言について考えを述べたことも知ってます。
それについては後述します。

 

大きな病気を克服して

五輪の切符を手に入れた。

感動ストーリーですよねぇ。

 

ほどなく、

夫のお母さんからLINEが来ましたよ。。。

こういうの好きなの、
お母さんかーい(´Д`)

「感動ですね!」

水泳やってるうちの息子にも見せてほしいそうです。

努力って素晴らしい!ってことですよね?

さああなたも努力しましょう!って。

お母さんほんと素直な人だからすぐ感動する。

いい人なんですよ。

いやお母さん。。。

これ、努力したのに選考に落ちた人はどう思えばいいんですか?

とは聞けない嫁が居ます。

 

大病で、

それの治療のために苦しい思いをして、

奇跡的に治って、

元気いっぱい健康体の人でもなかなかなれないオリンピック選手になれるなんて、

そりゃあまあすごいんでしょう。

そこまでの我慢や努力たるやどんなものだったか!

って、ことを言いたいんでしょう?

お母さんじゃなくて、

このストーリーを作ってる誰かが。

 

んー、でも、

もし、大した努力もせずに

スイスイと優勝しちゃう人がいたら、

そっちの方がすごいと思いませんか?

 

わたしはそう思う。

わー、すっご!才能ねー!って。

 

しかし、

アレなんですよ、

そういうのって嫌われがちですよね。

別にデータがあって言ってるわけじゃないけど。

 

 

あのね、

そんなに努力が辛かったのなら、

努力しなければよくない?

ほんとは水泳好きじゃないの?

それなら、やらなきゃいいんじゃない?

 

努力ってさ。

楽しい努力もあるんだよ。

勝手にしちゃうものだと思うんだよね。

他人から見たら努力かもしれないけど、

本人には楽しくてしょうがない、

ってやつ。

わたしが身体と心のことを学び続けているのも、
ある人から見れば「よくそんなに勉強ばっかりするね」
なんだけど、
わたしは楽しくてやってるだけで。
師匠たちも、楽しそうだよ。

その結果、スポーツ選手であれば順位だったり、

芸術家であれば売れることだったり、

たまたまそういう形にはなるのかもしれない。

 

優勝すること、売れること、が目標なのであれば、

それは、そのスポーツが好きなのでもなく、

その芸術が好きなのでもなく、

優勝することや売れることが好きなんだよね?

もしくは、

誰かにやらされてるか。

 

努力は報われる、

って、

報われるための努力なら、

それは苦しいだろうね。

過程が苦しくなる。

 

苦しかったりしんどかったりしたら、

わたしならやめます。

それよりも好きが上回るなら、やります。

そのときには、努力は報われるなんて言葉には、ならないはずです。

もちろんいろんな生き方もあるし、

それに感動する人がいてもいい。

それが幸せならいいんじゃない?

 

誤解のないように書きますが、

この水泳選手は、

発言について話題になってから、

こう述べています。

「どんな人も、努力はしてると思います。

ただその努力という定義も難しいな、と思います。

本気で目指してきたことをたとえ達成できなかったとしても、

その努力は必ず誰かが見てて、誰かが勇気をもらえるのではないでしょうか」

つまり、五輪切符として結果が出ない選手が居ても、

努力が報われなかったわけではないってことです。

なんかスッキリしないけど。

んーー。
もし五輪の切符逃してたら、自分でそう思えたのかなぁ?
誰かに勇気を与えたから良いよね♪って?
いや、自分は?自分自身に何が残る?
あー、わたしどうしてもスッと受け入れられない。
何が引っかかるんだろう。

 

でさ、

この件の何が一番引っ掛かるかって、

努力は報われるから努力しましょう!

努力は美しい!

の流れで視聴者は受け取ってしまいがち、

というところなんです。

べつに、この選手のアンチってわけではないんです。好きでもないけど。

苦しくてもしんどくても、耐えることが、いいんだと。

報われるからと。

結果が思うように出なくても、努力する姿は誰かの勇気になる、、?

いや、だから誰の何のためにやるのかって。
わからーん。
自分を大切にできない人は〇〇になる説、その通りやないか。
そもそも出来レースのために仕組まれた〇〇だったりしてなんて考えすぎか。てへ。

 

そういうふうに受け取ってしまいがちな土壌がある、

そこに気持ち悪さを感じる。

わたしも、そうなの。

わたしも一瞬感動しそうになって、

いや待て待て、と思うわけです。

 

苦しくてもしんどくても耐え忍びなさいという、

欲しがりません勝つまでは的な、

苦しくったって悲しくったってコートの中では平気なの的な、

そういうのっていつどこでインストールされちゃったのかなぁって。

日頃から思っているから今回は「ん?」と思えたわけで。

 

今回のもこれまた新しいインストールプログラムじゃないかって。

 

実際に、

努力は報われるのよ、って孫に見せようとする人もいたわけで。

そしてわたしは思うのですが、

お母さんも、ほんと努力の人で、

いろいろ耐えてきた人だと思うんです。

それって、被害者だと思うんだよね。

そのことに氣がつかずに、傷を抱えている。

努力は報われるという呪文で、過去を肯定しようとするし、これからも頑張る。

良いものだと思って次世代に渡してしまう。

もっと、ラクに、楽しくなれるんじゃないかなぁって、

わたしは思います。
ほーら、ラクタノでしょー。

努力しなくても我慢しなくても、すてきなのになぁ。

 

誰を責めているわけでもないです。

でも、

なんか知らんけど流されてるっていうのを感じます。

思い込まされたことに氣づかないで、

今度は自分が媒体になって広めて、

大人数の、大きな流れになってしまっている。

そしてそれはその人本来の思いや感性ではない。

とんでもないことが起こっているんです。

それを感じている人と、

全然感じていないむしろ推奨してるのかって人がいる。

これは今回の件に限らず、
感染症含め、
社会、教育、常識というもの、
様々なことに染み込んでいます。
同意同感できなくても、
試しにそういう視点で見てみてください。
ま、もう遅いかもしれなけどさ。
もう遅いだろうなって人がいっぱいいる。

ひとりひとりがもっと自分の内面を感じたら、

きっともっとクリアになって、

本質に繋がれるんじゃないかと、

そうしたら、生きたいように生きられるんじゃないかと、

わたしはそんなふうに感じています。

こっちに向かえば可能性でしかない、

でもあっちに向かえば悲劇でしかない、ような。

 

内面を感じようと思うだけでは難しいので、

ぜひ、いろいろな方法を通してやってみることをおすすめします。

わたしにできることなら、ボディワークがおすすめ。

身体に意識を向けていたはずなのに、

あるときから、自分の内面にも敏感になります。

 

わけのわからないこと言ってますが、

まあ長いのにここまで読んだあなたは物好きです。

ありがとう。

わたしはそんな物好きなあなたが好きです。

 

テキストのコピーはできません。