もっと自分を生きろ(言いすぎてごめん?)


今でもときどき言い過ぎる。

中学生の頃

思ったことはほぼ全部言っていました。

学校ではね。

家では言わんかったな。殴られるし。

 

全部さらけ出して

嫌う人がいるなら嫌えばいいと思っていました。

八方美人やっても嫌われるんだもの。

 

授業中騒ぐやつに「うっせー黙れや、騒ぐならわざわざ来るな」
一時期、授業、なかったですからね、先生が教室に来なくて。
廊下で騒ぐ人の対応してて。札幌の中学校ですよ。

授業中にお手紙回せと言う女子に「散々悪口言っといてそういうところで使うのやめてくれない?」

「いっしょにトイレ行かなきゃ友達じゃないとかキモいんだけど」

「こそこそしてないで言いたいことはっきり言えや!」

ある意味、荒れてました。

そんなだから友達は男子だけ。
男子っていいよね。言いたいこと言っても次の日またいつも通りだもん。
でもそれでまた問題が起こるんだけどね。

男たらし!わたしの彼氏を!好きな人を!きぃぃぃぃ!って。
やー、友達ですって。

ついたあだ名が『姐さん』です。あねさん。

なんでそんなに強く言えるの?思ったこと言えていいなぁ。

って言われたこともある。

え、言いたいなら言えばいいだけでしょ?

でも嫌われたくないから言わないって自分で決めてるんでしょ?

そのくせ人にいいなぁとか言うのやめたら?

、、、泣きますよね(´Д`)そういうの聞いてくる人は「そっかー」って言うけど。

でも今も思いますよ、

上司がそういうからするしかないんですよ~
れいこさんはいいですね~
自分の意志を強くもてるってそういうのすごくいいと思いますぅ~

みたいなの聞いたら腹立つの。

だったらおまえもやれよと。

そんなこと本気で思ってるなら、

自分でやれよと。

れいこさんはいいですね、なんて思ってないか、

自分のきもちを無視しているか、

どっちかだよ。

でもわたしは大人なので、

たいていニコニコして聞いてますけど。

じゃ、やればいいじゃん、って言うときもある。

そしたら、「でもね~」が始まる。

終了ですね。はい、あなたはそこから進みません。

進みたくないと思ってるのよ。変えたくないのよ。

現状でいいと思ってる。口先だけ。

 

高校からは、疲れてしまって、

何も喋らない主張しない、という手を使いました。

でも、自分の行動は流されない。

体育のサッカーでも、

「きゃぁぁぁ」とか言う女子が大嫌いで、

思いっきりボールを蹴り飛ばしました。

「こわぁぁぁい!きゃー!」とか言われながら。

心の中で、ざけんなよ、と思いながら。

だってサッカーだろうが。

ボールこわーい、って逃げてかわいこぶってんじゃねーよ。

家庭科の調理実習でも、

沸騰したお鍋にお豆腐を入れるのが

「きゃああ!こわぁぁぁい!」

という女子から、無言で豆腐を奪い取り、

手の上でさいの目に切って
「えええーー!手、切れるーー!きゃぁぁぁ!こわーい!」
切れねーよ!!!うっせーんだよ!!!!

ヒョイと入れました。
「お湯はねるぅぅぅーーー!きゃぁぁぁ!」
こういう女子がモテるとかほんと意味わかんないわ。

てめー味噌汁も作ったことねーの?バカなの?と、

言いませんでしたが顔には出しました。

 

そういうわたしは、

今でも残っています。

 

ときどき、

言いすぎます。

 

言ってはいけないってわかってるんです。

これを言ったら相手は傷つく。

 

でもそれが真実だと思ったら、

わたしは言ってしまうことがある。

 

「本当はこう思ってるんじゃない?」って。

 

嫌でしょうね。

目を背けてきたんだから。

 

余計なお世話かもしれないけど。

どうでもいい人には言いません。

この人に言っても無駄だろうなって人には言いません。

 

嫌われてもいい。

でももしかしたら、この人、氣づくかもしれない。

そうして思い切って厳しいことを言っても続いたのが

今いちばん古い友人だ。

あのとき、なんやかんや、あったけど。

 

もっと自分の意見を出しなよ。

そうやって、なんでもいい、って逃げて人に任せるの、やめなよ。

それっていい人ぶってるけどやってること無責任なんだよ。

そんなことを言ったはずだ。

 

でさ、それが酷いって先生から親にまで言われてさ。

わたしに言わないで親に言うって何だよ、と当時思ったけど。

でもわたし、今でも酷いとは思ってない。

わたしはあなたの意見を聞きたい。

ちゃんと向き合ってほしい。

 

最近またやっちゃった氣がする。

あ、厳しいこと言ったかな、って。

言い返してくれればいいのに。
ごめん、って言うよ。
発言撤回はしないけど、傷つけたのならごめんって。
でもそれわたしのせいじゃないけど。
傷つくあなたが傷つく要素もってんだもん。
全然伝わってないとかなら、説明してくれたらいいし。
わたしはそうは思わない、って言ったっていいじゃない。
あなたに言われたからってわたしの人生変える必要ない、って言ってもいいじゃない。
あ、、、謝ってないか。

ありがたいことに、
わたしにも、ときどきザクっとくることを
指摘してくれる人もいる。
痛いけれど、ああ、真実。
そして、嫌われる可能性があっても指摘してくれる心を
本当にありがたく思う。
わたしが受け止める余裕がなければ、
相手のせいにしてしまうこともできるのだ。
被害者ぶることで逃げることができる。

 

もっと自分を生きろ、

って、

ずっと思ってる。

自分も、大切な人にも。

 

 

テキストのコピーはできません。