そっか、そこから説明するのか。


わたしなんて全然。

と、思っている。

まだまだ何にもわかってない。

身体も思い通りに動かせないし、

心もまだ揺れるし、

解決を先延ばしにしている過去もあるし、

左足首は捻挫しそうって言われたし、

胸もまだ動きが出るはずだし、

ヨガをしているとトラウマみたいの出てくるし、

PMSもある。

 

でも、

伝えたい熱が上がったので、

最近オンラインもオフラインもレッスン始めました。

 

それでもずいぶん進んできたじゃないか。

と、思った。

いつのまにか、ここまで来ていた。

 

わたしになんて伝えられることはそう多くはない、

と、

思っていた。

わたしが力になれることなんて。

 

そうなんだけどね。

でもやってみると、

次から次と、湧いてきちゃって、

結局ぜんっぜん伝えきれないじゃないかと。

あれ、そこから説明しないと伝わらないのか!と。

そうか、わたし、結構もってるんだ。

比べる人が、仲間とかなら、そらまだまだって思うわ。
師匠の背中だって遠くて追いつくわけもなし。

でも一般の、外の世界を忘れていたよ。
見る相手間違ってたわ。

 

そもそもさ。

痛みとか健康とかについての考え方。

痛いのは単に動き方の問題なのかもしれないのに、

仕方ないって諦めること。

そうだった、それわりと普通だよね。

わたしだってそう思っていたもの。

 

良くなるんだよ。

良くなるのに、

なんでそんな簡単なことが、

常識じゃないんだろ。

年だから。手術しなきゃ。注射しなきゃ。こういう身体だから。

健康教育、って言うのはそういうことか。

 

レッスンしていても、

動きを感じてください、

って言っているのに、

「これでどうですか?」

って聞いてくる人は珍しくない。
よくある。いいんですよ。

外から見て正しいかどうかじゃないし、

自分が自分の内側をどう感じるかなのに、

人から見て正しいかどうかをジャッジしてほしがる。

それって、生き方そのものなんだろうな。
わたしがそうだったから、そう思う。違うのかもよ。

実際と違ってもいいから、

自分でどう感じているかに意識を向けてみる。

「え、わかんない」でポイっとしないで、

わからないな、って止まって感じてみる。

そこだけは、ボディワークでがんばるところかも。

だから、

ボディワーク続けたら、

生き方も変わるよなぁ。

だって、日常でも、

あれ、自分はどう思うんだろ、って、

そういう思考になるときが来るから。

身体だけじゃなくて、

思考のレッスンでもあるんだよなぁ。

つまりは生き方のレッスン。
あれ、説明飛びすぎました?

 

氣づいてくれる人がいると嬉しくなる。

わたしも、そうだった。

そこから変化が始まると面白いんだよ。

あー、それ、わかるわー( *´艸`)
あ、あなた今そこなのね、
わたしもそこに居たことあるー、
ってニヤニヤしちゃう。

変態だわ、わたし。

時間もごはんも忘れて続けちゃうから。

はっ、と氣づいたらめっちゃ空腹。
わたしが止まらなかったら止めてくださいね。

 

今のわたしに伝えられること、結構ありそう。

レッスンしていこ。

健康な人、機嫌のいい人を増やすぞ。

 

この先の学びも長ーいだろう。

この技術がまだまだだなとか、

あー、これに対してもっといいアプローチがありそうとか、

これとこれ組み合わせたらどうかなとか、

もっと学びたいことが出てくるけれど。

もっとヨガのポーズと繋げたいなぁ。

効果的なヨガのポーズの指導法をもっと学びたい。

触って動きを入力するのももっと勉強したい。

でも!今まで学んだノートやテキストを開いてみると、

まだまだここを深められる、っていうところがたくさん。

わー、ほんと、たくさん。

わくわくしちゃう。

やっぱり変態。

 

テキストのコピーはできません。