ギーターを学ぼうかな


ギーターを学ぼうかな。

ギターじゃないです。
でも先日ウクレレには興味をもちました。

ヨガを学ぶ人は知ってる聖典です。ヒンドゥーの。
知ってると言うか、名前は知ってるぜ、くらいかな?

わたしがよくFBでシェアしていた方のブログ、ひかたまで、
コロちゃんのことで

なんとギーターの解説が始まりました。

神の詩 序章9

バガヴァッド・ギーターです。

ガンジーさんはギーターをとても大切にしていたそうです。

 

わたしも、一度読んだけれど

お話としてはわかるものの、

深い意味はわからない。

そもそもカタカナの名前がたくさん出てくるわ、

誰と誰が親子で、誰と誰が親戚で、

誰が誰を恨んでいて、って、

ドロドロが絡み合いすぎてよくわかりません。

橋田壽賀子さんの脚本が優しく思えます

 

数年前に一度読んだだけ。

クリシュナの言ってること厳しいわー

やるべきことをやれ、

きっついわー、

という浅くて何の深みもない感想しか、

今のわたしにはありません。

クリシュナがいつも隣に居たらわたし「いい加減にしてくれ!」って言うわ。

感情なんてどうでも良くて自分のするべきことをちゃんと見てそれをやれ、

悲しいとか苦しいとかじゃなくて、

おまえが一番やらなきゃいけないことって何なのか?

なーんて、

ボディワークのときに言われたらマジで「わかっとるわ!」って言っちゃうわ。

 

でもねー、これが、

何通りにも深く読めるなんて。

いやー、

このブログ続いてほしいわー。

しかもこの方、クリヤヨギーなんだそうで、

クリヤヨガと言えばヨガナンダさん、

ヨガナンダさんと言えば師匠の師匠の師匠。遠っ。。。
ちなみにここで言う師匠は現在ユーチューバーです
毎週火曜10時からの瞑想Live参加してます
先日思いがけずメッセージをいただいて泣きました
ありがとう たか先生
きっかけをくれた仲間にも感謝してもしきれません
ヨガ・シャラ細江たかゆき
サムネイルの印象よりはずっとずっとヨガの話です

 

ギーターの解説、

講座とか本とかあるけど、

初めて「あ、おもしろそう」

って思った。

 


この、田中嫺玉さんの訳は日本語がとても美しいです。

 

あのね、

全く関係ない別件なんだけどね、

昨日から身体が痛い。

足首→膝→肩甲骨の間→胸→耳の後ろ

の順で、痛みが移動してきた。

3日間かけて、身体を変え、その方法を学んできた。

そうしたらね、ものの考え方、捉え方も変わってきた。

いや違うなー、感覚っていうのかな。

そしてこの『痛い』というのはね、、

この話は次回。

 

ひかたまを書いてる方の著書もおすすめです。
どれもうちにありますので、来たときに見てってもいいよ。
簡単!ではないので、すぐに読み終わらないけどね。緑の表紙のやつが読みやすいかなー。
一番上のは、光田さんとの対話なので、ケイシー療法に興味があるならさらに面白いかも。


テキストのコピーはできません。