目に見えずとも絶対に失わないもの・エネルギーを回す


わたしはヨガを学びたい、

そのためにお金を貯める。

フルタイムで働いてて

もう辛くてどうにもならなくなったとき、

それをモチベーションにしてた。

 

学びたいと思ったことにはポンとお金を出せる。

あー

ありがたや。

ヨガとか、ボディワークを学んでいる。

 

でもまあ

確かに今度はお金が減る一方なんですよ。

ときどき、

大丈夫かな、

って思います、正直。

 

でもね

まず

学ぶことが

自分の身体を探究することが

愉しいし。

それに

たとえこれから

泥棒が入ったり

災害が起きたりして

目に見える財産を失っても

絶対に生きていけるという安心感がある。

自分が健康でさえあれば

ずっと働き続けることもできる。

誰かの役に立つことができる。

 

 

 

きっと誰かが助けてくれるっていう人間関係と

自分の中の知識と技術、経験

 

これって

お金よりもずっと

頼りになるものだと思う。

マドモアゼル・愛さんが
お金がないと生きられないのは人間だけ、って
それはおかしいって話をしてた
ほんとだ、ほんとはお金がなくても生きていけるはず

 

失ってしまう

減ってしまう

そんな怖さじゃなく

どうなっても

ゼロになっても

また始められるという

それが強さだなと思う。

 

世の中がどんなに不安定になろうとも

 

ああ、逆に言うと

そういうのがなかったら

不安で心が潰れそうかもしれないね。

 

世の中に依存していたら

これだけ変化が起こると

弱っちゃうのは仕方ないと思う。

 

わたしも

なんだかよくわからないけど

落ち込んで

久しぶりに心身不調でした。

今は調子上がり方向ですよ。

 

自分が強くあること。

知らない間に弱ってしまうから。

弱って何もできなくなる前に

自分の中のエネルギー回さないと。

そういうことがよくわかった。

もう自分で動けなくなったら

誰かの力を借りること。

必ず、また元氣になれるから。

 

苦しいのが辛いのは、

また元氣になりたいという思いの裏返し。

もう嫌だって思うのも

もう死にたいって思うのも

もっと解放されたい思いがあるから。

エネルギーが枯渇あるいは動かなくなっている、

だから動けないし暗いことばかり考える。

それは何かに憑依されたみたいなもの。

その重い殻をパンと割って

生命の熱みたいなものを呼び覚ます。

それがわたしにとっては

ヨガ、ボディワーク、トークセン。

 

辛い人がいたら

助けになれると思う。

辛くて死にたくなるのも知ってるから。

 

2月、キツかった。

さて、3月だ。

 

 

テキストのコピーはできません。