史上最悪のレジのおばちゃんに遭遇した意味


『なぜこの人がわたしの前に現れたんだろう』

昨日買い物に行ったら

とんでもなくひどい対応のレジのおばちゃんだった。

近所のスーパーで

ここのレジの人たちっていつも親切で雰囲気も良くて

だから隣じゃなくてこっちのお店に行くんだけど

昨日のレジの方は

え?酷いPMS?更年期?お姑さんと喧嘩した?

ってくらい不機嫌で荒い対応で
ここのお店は子どもにシールをくれるんですけど
くださいって言ったらキレだしちゃった

品物でなくて完全に喧嘩も売ってますよね?

ってレベルだった。

 

さすがにわたしも呆然とした後に腹が立ったのだけど

考えてみた。

『なぜこの人がわたしの前に現れたんだろう』

だって、出来事は自分の学びのために起こるから。

それがヨガの教えなら、

ちょっと考察してみるっきゃない。

じゃないと何度でも同じようなことが起こりますから。

ちゃんと学習するまでね。

 

彼女はなぜあんなにイライラを撒き散らしているんだろう。

わたしの何かが刺激してしまったんだろうか。

お子さんが居ないんだろうか?

わたしがピザ2枚も買ったから晩御飯の手抜きすんじゃねーって思ったか?

わたしの喋る速度が遅すぎたか?
最後まで聞かないでかぶせてくる

疲れていただけ?お腹が痛かったかな?

家庭の事情があったのに休みを取れなかったとか?

わからにゃーい。

ちなみにわたしは大学生のときレジのバイトやってた。初めてのバイト。
実家の近くの東光ストアで。当時は東急ストア。
よく裸足にヘルメットの人がきて笑いを我慢できないので辞めた。
しかも商品1個ずつレジに並んで、何度も来て、
お肉とか入れるあのポリ袋に食パンとかもぎゅうぎゅうにつめて、
いろんな人が来るんだよねぇほんと。
そのあとのバイトは家庭教師とか、林間学校の先生とか、
チラシ配りもケーキ工場も行ったなあ。
ホテルの宴会でチャイナ服着てお料理とったり水割りつくったりしてるバンケッターとか。
大学卒業してから1年は塾の先生と添削指導員とか。静岡県でね!
あ、関係ない。

 

ではわたしはここから何を学べばいいのか?

 

何か嫌なものをぶつけられてもそれを受け止めないこと。
過去のわたしは打ち返すとかしてた。
それすると、ラリーになっちゃうのよね!
でもわたしがこの嫌なものを自分でストップしたら、
この連鎖は終わる。
わたしに貢献できることのひとつだ。

このカッとくる感情の鎮め方の練習。
こういうふうに考えるとか。

相手の立場になって想像してみること。
自分になんてわからない事情はたくさんある。

感情は通り過ぎるということ。
寝る前も思い出して腹が立ったけど、寝て起きたらもう熱の感じはない。

モノに当たったり態度で威嚇されるのがわたしは嫌なんだなぁっていう氣づき。
それは幼少期のトラウマでは。
モノをバンバンするんじゃなくて何が嫌なのかはっきり言ってもらいたい。

わたしはこんな人に人生の時間を一部でも嫌なものにされたいのか?
やぁーだぁーーーー!じゃあどうするよ!

じゃあわたしはどういうふうに人と接していきたいのか。

こういうタイプのお客さん来たらどうしよう。。。

でもこういうタイプの人こそ癒しが必要なんだよなぁ。

 

夫に話したら

最近キレる人増えてない?

って言ってた。

疲れてるよねぇ。

心身の負担がすこーしずつすこーしずつ

積もっていってると思う。

 

でもそれをね、

誰のせいだとか政府のせいだとか言ってても、

なーんも変わらないわけですよ。

自分にできることは何ですか?

他ならぬ大切な自分のために。

心と身体のために、できること。

 

わたしは、トークセンとヨガとボディワークでなら

お手伝いできます。

宣伝かよ。

でもねー、まず自分ととのえなかったら全然ダメよね。
ずっと言ってる。次々課題が現れてさー。楽しい。
大丈夫です、人様に施術できるくらいの状態ではあります。
今わたしが向き合ってるのは、家事と仕事、なの。

こんなふうに思いを書くのもいいよ。

さて、今日も少し前進するぞっと。

 

学んだぞ、もう二度と出てくるな、レジのあの人!笑

テキストのコピーはできません。