写真が嫌いな理由と、うちの一眼、、、


わたしは写真が嫌いだった。

いや、ポーズや顔を作らねばならない写真が嫌い。

今でも。

だからわたしが誰かの写真を撮るときには、

何も声をかけずに撮ることが多い。

自然体。

写真のために何かを作る、それは虚構だから。

 

写真を撮るときに、

笑えだの、歯を見せろだの、

傾けだの、寄れだの、

それは、

その人の自然体を否定していることだと思う。

わたしはね。

「笑って」で作られた嘘の笑顔を写真にまで撮られるなんて、

あんまりだと思う。

わたしは必死に楽しいことを考える。たいてい、この状況おかしいなって笑う。
そういうとき、わたしの視点は2mくらい浮いてる。

笑顔ハラスメントだよもう。

そう言う人は、何もそこまで考えていないんだと思うよ。悪気ないんだよね。

羨ましいなぁと思う。そう言う人は、笑顔をパッと作れる人だろうから。

 

でも、

写真を撮ることが嬉しくて、

記念に残せることが嬉しくて、

それで誰かと写ることはいいな、

と、思うようになった。

百日とか、七五三とか、そういうときの家族写真は、

いつも同じ写真屋さんにお願いする。

北海道神宮の写真室か、屯田のフォトスタジオ石井さん。
神宮の写真屋さんは面白くて、石井さんはほっこり。

 

もし、

その人の笑顔の写真が欲しいのだったら、

その人が笑顔になれるようにしたらいいと思う。

「笑って」で自動的に笑えるなんて、すごい。

うちの子たちなんて、

勝手に変顔してくれる。

 

ここまで引っかかるのも、何かわたしのトラウマなんだろうけど。

 

 

でもわたしは、

写真を撮ってあげるとしたら、

笑顔じゃなくて、

普段通りの顔が、好き。

もちろん、楽しいときの笑顔も。

 

うちには

一眼レフがあるんだ。

父の形見になってしまった。

孫の写真をたくさん撮りたかったんだと思う。

退院して自宅で過ごすようになった頃、

カメラなんてわからないだろうに、

いいヤツ、と言って買ってきたんだと思う。

でも、もう、そのときすでに、

カメラの重さに耐えられる筋力もなかった。

不謹慎だけど、プルプル震える腕に笑っちゃった。

そんなんじゃブレるじゃん!って笑うほかないよね。
そこで深刻な顔したら深刻すぎて。
まあ早く回復してよね、って。

そのカメラ。

年長さんだった孫は、今度中学生だよ。

 

少し、カメラの勉強しようかな。

人をいい顔させるような仕事もしていきたい。

 

テキストのコピーはできません。