最近の氣づき


夫に

「あなたって胡蝶しのぶの怖さに似てる」

と言われたので

「太りすぎは身体に悪いですよ(ニッコリ)」

ってしてあげたら、

うほーーー!

って、喜んでた。

そんな夫婦漫才的日常なレイコです。

しかし今日はそんな話を書くつもりじゃない。

 

ここ最近で氣がついたというか自覚したことがいくつかある。

 

1.頭で考えるとわからなくなることは、ハートで感じるようにしてみる。

 

世の中、おかしいな、って思うことがある。

でも、うまいことカモフラージュされたりフェイクが混じっていたり

何が本当かわからない。

そういうことがいくつもある。

そんなとき、最後に頼りになるのは、

自分のハートだ。

頭でいくら考えてももつれてしまうことも、

どう感じるか、

ザワザワする声を静まらせてスーンとしたときに自分に聞く。

そうすると答えてくれる。

 

2.パワーはためるものではない、流すものだ。

 

氣力、体力、

いくら溜めておいても枯渇するときは来る。

でも、受け取って出すだけなら、無限だ。

自分がクリアになれば、それはできる。

自分であることに固執するのではなくて、

すべてのものと一体なんだという感覚、

繋がっているんだという感覚、

所有するのでも溜めるのでもない。

常に流れていて新鮮で無限。

人間は、壺でも蔵でもなくて、ただの使い手なのだ。

使い手っていうか、、電気の回路で言う抵抗?
しまった、わたしは理系の話が全然得意じゃないのに、、

インスピレーションがわいてくるあの感じ。

空っぽになったときにどこかから現れるアレ。

自分がそれを受け取って形にするだけ。

 

 

一体何を言っているのか本当にわからないブログになりつつあります。

わかる人とは仲良くなれそうです。

 

ちなみにわたしは胡蝶しのぶはあまり好きではありません。
まだ10か11巻くらいまでしか読んでないけど。花魁の話が終わったところです。

役目だからこうする、っていう考え方が、

昔のわたしにそっくりすぎて、

なんだかムカムカします。

ね、そういう感情は、自分の鏡と言いますね、ほんと。。。

テキストのコピーはできません。