死にたいと思っている人へ


かつてわたしは死のうと思っていました。

ウツのときは、そういうことしか思いつきません。

自分は何もできないし

毎日重苦しいし

すべてが面倒でポイってしてしまいたい。

ゼロにしたい。

 

でも、今でも生きています。

 

死にたいと思っている人へ。

 

がんばったから疲れたんです。

疲れたから休め、の最大限のアラートが、振り切っちゃって、

死にたい、になっちゃうんです、それ言葉のエラーです。

ありえないくらい疲れたから休め、なんです。

 

それと、

あなたのせいじゃないです。

むしろ、

正しい感覚の持ち主かも。

だって、世の中、おかしいもの。

あえてあなたのせいだと言うのなら

自分自身に意識を向けてこなかったことです。

そんなおかしな世の中に合わせてきたってところです。

あなたがあなたを蔑ろにしてきたんです。

そうさせる仕組みになってるから。

 

病やトラブルは

魂の成長のためにあると言います。

そこまでするか

っていうほどの苦しみだけれど

それを越えた後の人生は

今までとは全く違います。

でも今はそんなことどうでもいいって思うでしょう。

 

もし必要だったら、わたしは乗り越えるお手伝いをします。

手を貸すことしかできないけど、

ただここに居ます。

少なくともわたしは確実に「まだ死ななくていい」と言います。

病んでしまうのは、正しい感覚の持ち主だからです。

トークセンで癒されたかったら

叩きます。

ヨガや瞑想やボディワークをしたかったら、

手伝います。

お金も何も要りません。

ただ助けになれたらそれでいいです。

 

どうせ百年後にはほとんどの人が死んでます。

あなたを傷つけた人のために生きることなんてしなくていい。

 

まずは自分に充電して、

充電できたら

力になりたい人のためにまた何かしたらいい。

そうしたくなったら。

それまでは役になんて立てなくていい。

休みは、

何日かで済むことはないかもしれない。

何か月、何年、かもしれない。

それだけ自分に無理をかけてきたなら。

それでもいいんだよ。

お金が、仕事が、、わかるけど、、

この先に今までより素敵な世界があるなんて

信じられないこともわかる。

この精神状態がギフトだなんてバカなこと言うなって、

当然だと思う。

 

今何かに困っていても、必ず何とかする方法がある。

そんなのあるわけないって思っていても、

それは自分の思考の中に出てこないだけで、

他の人のアイディアや助けや、

発想の転換や、

時間が解決することや、

本当にいろいろあるんだ。

乗り越えられる。わたしができたから。

正直今でもちょっと辛くなることはある、けど。
そういうときは「あ、考えずに早く寝よう」と思う。ちゃんと、良くなるよ。

 

でもまずは休んだほうがいい。

大きな決断もしないほうがいい。
もう考えることも決めることも疲れたんだから。
決めるとしたら、ただ、「今はとにかく休む」だけ決めたらいい。
ただ、ぼーっとして、できるならときどき食べて、眠る。
食べれなくても、眠れなくても、それもいいし。
そこまで追い込んだんだ、おつかれさま、休んで。

自分に意識を向けるのはそのあと。

そしてできることなら助けてって言えたらいい。

その相手が家族じゃないほうがいいときがある。

家族も友人もそういうことに理解がないのなら、

馴染みがなくても理解ある人に相談する方がよっぽどいい。

お医者さんとは限らない。

でも書類や手続きの関係で病院を利用するといいこともある。

 

困ったら、相談に乗ります。

わたしができることは小さいけれど、

頼れる人に繋ぐこともできます。

 

テキストのコピーはできません。