参観日だったのだがボディワークのことしか考えてない。


授業参観に行ったけど、

子どもたちの姿勢と先生の姿勢を見てばかりで、

授業を覚えていない。

 

うちの娘の座り方も立ち方も酷いわ。

最近右足が麻痺したみたいになると言ってるがそりゃそうだ。

 

床に足をついて座っていた子は1名だった。

やはり落ち着きと賢さが滲み出ている。

でも、首は折れるように机を見ているのが惜しい。

もちろんうちの娘ではない。

いやでもこれ、机と椅子のサイズが合ってないんだな、ほとんどの子。

 

座り方のいわゆる『良い姿勢』は

1年生の初期に教える。

足はぺったん、お腹と机にグーひとつ。

、、足つけろって教えてるんだな。

ついでにこのあと背筋はピン、がつくんだけど。
要らないよね。。。勝手になるもん。そこへ力入れたら、反るんじゃないかな。

足つかない椅子でどうせーっちゅーの。

和式トイレの使い方も教えるんだよ。
今なら足と床の関係とか頭の位置まで伝えたいわ笑
このときのあごはどうする?とか笑

いや、そういえば、うちの子ども部屋の椅子、どうだっけ?

ほとんど床で勉強してるけど。

椅子が快適じゃないのか。

 

 

今年度初めての参観。

先生も何でこの教科の授業選んだのだろう。

この教科、このまえの発表会でも見たのに。

得意意識があるのだろうか。

それが陽だとすると、

陰は、他教科に自信がない、となる。

反り腰さんだけど、

ほんとは自信がないのかぁ。

腰は反りに反ってるのに、鳩尾あたりからは奥まってる。

どーなってんの?真似してみると苦しい。

うまくやろうって、がんばってきたんだろうなぁ。

その生き方しか知らなかったら、

子どもたちにもそれを求めちゃうよね。
これは親として自分もそう思うので、意識して避けようと思ってる。

そりゃ娘も、先生がAIみたいだって泣くわ。

ワークしたら人生変わるかもよ。

本当の良さが出るかもよ。

とか余計なお世話なことを考えている。

 

あ、わたしの立ち方、前より安定してきたな。

持ってきたスリッパがなんと子ども用で、

学校のスリッパをお借りしたのだけど、

この薄い底って感覚が入りやすいな。

じゃあ靴ってどうなんだろう?

あれ?校長先生みたいな人が履いてる靴も、

担任の先生の靴も、

つま先の方が上がってる、、?

靴のつくりってどうなってるんだろ。

 

ボディワークの可能性しか見えない 笑。

この週末で娘にどんなワークをしようか…。

右足首をずっと外側にくりくりくりくりしてた。

右足の内側で踏めるのか?

いやー、でももっと遠くの問題もあるんだろうけど、

んー、足首、膝、股関節、全部繋がる…右脚で支える。

ん、でも左脚は何してる?

じゃあ骨盤は?

呼吸は?

むぅーーー!

楽しいけど!

参観日だったのよね。

娘の学校における身体の使い方を見てきたってことで。

体温を書いた紙を出して、
体育館に入る前にも非接触型体温計を向けられ、
(そう、密をさけるってんで体育館に机並べて授業してた)
どっちかで良くね?と言いたくてしょうがなかった。
それに解熱剤飲んでたらおしまいだし、

無症状の人だっているんでしょ?
それ、完全に管理職や市教委の責任逃れの布石ですよね?
対応してますよアピール。

って、言いたくてしょうがないけど言わないよ。
先生たちも大変だよね。立場ってものが。
わたしなら「やってられっかー!」ってなるわ。
おつかれさん!

学校でボディワーク浸透したら教育は変わると思う。

姿勢のことはもちろん、

そこから集中力や思考が変わると思うし、

そうしたら授業時数増やすよりいいかもしれない。

体育の指導もそうだし、

心のことも。

そしてそれにはまず、大人が変わるといいと思うんだよな。

動きは、良くも悪くもお手本になってしまう。

心もラクになると思う。

それから子どもと接したらいいのにな。

 

だから、わたしはまず、

保育園の先生たちには、いつでもボランティアでワークします!

って言ってるんだけど、
なんせ抱っこだの屈むだの、痛みを作りやすい

コロナのバカー。

もう、動画とか、やるかな。

 

まずうちの子なんとかしよ。

 

テキストのコピーはできません。