ストレスが身体に出ています


最近ちょっとセルフケアをサボると

すぐに胸がかたくなる。

胸がないって言ってるんじゃないですよ。
ないですけど。
なくても3人完全母乳で育てましたよ。
大きさじゃないんですよ。
卒乳してさらにえらいことになってますけどね。
ある本で『打ちひしがれたナン』って表現を見て、笑いながらうろたえましたよ。

あっ、そこ、どうでもよかった。

肋間をトークセンでコココココンっとすると

一部が、厚い布でもかませてるんじゃないかってくらい感覚が鈍いところがあった。

ゴホゴホと咳が出て。

いやー、叩くと楽になります。

呼吸が入る!

そして、楽じゃなかったことに氣がつきます。

 

わたしは、

今流行の感染症をそれほど恐れていません。

基本的な手洗いや体調管理はします。

幸い、経済的にすぐに困るということもありません。

同居家族にハイリスクな人も居ません。

だから、この時代にしては、

ストレスは少ない方だと思うんです。

 

それでも、

知らぬ間にストレスがかかっているみたいです。

いろいろな規制や

変化や

情報や

家族のことや

全く世界とかかわらないわけにもいかないのでね。

 

抗おうとすることにも、

エネルギーは使うよね。

わたしはわたし、ってそこで耐えることにも。

 

これが、

コロナ怖いの人だったら?

生活に困る状況だったら?

どんなにか大変だろう。

 

身体を動かすこと、

誰かからケアしてもらうこと、

セルフケア、

いろいろ、必要な時期だと思います。

今だからこそ。

 

胸骨や、肋骨の間を、指先でトントン叩くだけでも、

違いますよ^^

身体に触れて感覚の鈍いところがあったら、

そこにただ手を触れているだけでも、

いいんですよ^^

 

もういやだ、もうだめだ、

と思ったら、

トークセン、してあげますよ^^

オンラインでボディワークしながらお話聞きますよ^^

もちろん、わたしは対面でも構いません。

もし経済的に厳しかったら、出世払い?でもいいですよ。

まあ、辛いときには助けてって言おうよね。

わたしもそうする。

 

テキストのコピーはできません。