おばあちゃんにトークセンとボディワーク


祖母のところへ行きました。

大正時代に生まれた祖母。

鬼滅の時代ですよ。

 

車で30分くらいの距離に住んでいるのに、

コロナだ何だで、

うちの子たちも誰かかれか鼻水が出てたりして、

初夏にはおばあちゃんが骨折して入院したとかで、

会いに行っていなかった。

 

「1年以上ぶりだべさ」

とおばあちゃんは言った。

そっか、そんなに。

このくだり、過去記事にも似たようなのがある。

 

転んで大転子を折った、

と聞いたものの、

病院はお見舞い禁止でできなかった。

手術するときは、

麻酔したらそのままボケるかもしれない、

そうでなくても歩くことはもう無理だろう、

と言われていた。

それが。

今、家の中で杖をついて歩いている。

 

驚異の回復力。

一人暮らしを続けたい、

それだけが目的だったらしい。

 

ときどき母がお風呂の介助をしに来ているらしい。

ヘルパーさんも頼んでいない。

 

トークセンをしてあげたら、

おとなしく叩かれていた。

 

ボディワークをしたら

おもむろに話し出した。

「わっちはこの腕を折ってから何もいいことがないもんね」

何年か前に雪道で転んで、肩にボルトが入っている。

それから、白内障。

それから、心臓。

あのときも、覚悟してくださいって病院に言われた。
手術までもてばいいがと言われ、弁の手術をしてペースメーカーを入れて生き延びている。強運。

それから、家の中で転んで大転子。

 

いやいや、おばあちゃん、よく生きてると思う。。。

 

30代から高血圧でしょ、

今は糖尿もあるんでしょ、

よくまあ一人で暮らしてるわ。

 

おばあちゃんの家系、みんな、長生き。

 

わたしが思い出せる古い記憶のひとつは、

3歳。

おばあちゃんのお母さん、わたしのひいおばあちゃんが亡くなる瞬間。

お家で、和室で、お布団に寝ていて、家族や親せきに囲まれて。

最後に起こしてもらって水のみで水を飲んだ。

そのあと、おばさんが「おかあさーーーん!」って泣いた。

お葬式では棺桶に菊の花を入れて

蓋を釘で打った。

頭に三角の白い布をつけていた。

3歳だったのにはっきりと覚えている。

あのおばあちゃんも、90代後半だったのでは。

生きていたときのことも覚えている。

縁側におばけみたいな人がいて怖かった。
失礼。

男だか女だかもわからなくて、

黒っぽい着物を着ていた。

抱っこされるとゴワゴワした。

大きくなってから、あれは麻の着物だと聞いた。

 

そんなだから、

わたしのところの末っ子にしてみたら、

きっとおばあちゃんのことは

おばけみたいに見えるだろう。

髪の毛が真っ白で、お肌がしわしわで。

失礼。

 

そんなこんなで

ボディワークを少ししたら

お喋りが始まるという不思議。

でもわたしもそうだな、

動くと、突然湧いてくることがある。

これは、喋ってもらうのがいいのだろうな。

うんうん。

うんうん。

大変だったね。

でさ、おばあちゃん、まだこの体操終わってないんだわ。

「はぁ普段動かないから疲れるわ」

「病院に居てリハビリするときは3時間するのさ、揉んだり動いたりさ」

と言っていた。

うん、休んで、疲れたら。

 

リハビリすることも、

トークセンすることも

ボディワークすることも

そりゃいいだろうけど

そこで出てくるお話を

うんうんと聞いてもらえることって

人には必要なんだろうな。

 

そして目的があればがんばれるんだよな。

医者が何と言おうと。

あのとき医者の言うとおりに寝たきりになるって思ったら、こうはなっていない。
もちろん医者だって経験から言っているのだろうし、
家族にしてみれば最悪のケースも想像していたらいいのかもしれないけど、
当の本人に希望が持てないっていうのはどうなんだろう。
医者の言うことを知らなかったからこそ元気なのかも。
歩くなんて無理、
アパートの2階に住むなんて無理、
一人暮らしは無理、
ヘルパー無しは無理、って病院で言われて。
全部言うこと聞かなかったおばあちゃん。
母は困っていたけど。

 

靴下を脱いで足を見せてくれた。

「足の指もこんなに曲がってさ」

あら、これはこの前講座で学んだやつの、、ひどいバージョン。

「外反もあるのさ」

そうだね親指の関節はここがこうだから同じことだよねうんうん。

力入れて立ってたんだなぁ。

「もうどうにもならないべさよ」

いや、そんなこともないけどね。

って言うってことは、

90をとっくに超えたおばあちゃんが、

自分の身体はまだまだ

どうにかなるかもしれないと思ってるんだな、、!

 

リフレックスボールをひとつ置いて帰ってきた。

座ってでいいから足の裏でゴロゴロしてね。

足の裏の刺激は大切よ。

手にもってマッサージしてもいいよ。

テキストのコピーはできません。