学びの陰と陽


陰と陽。

右肩から右耳を遠ざけます

左に頭を傾けます

は、同じようで、

同じじゃない。

 

学ぶって、苦しいことなんですかね?

何かに追われるようにして、することなんですかね?

それをしなくちゃ大変なことになる、ってすることなんですかね?

みんなしてるから?

当たり前だから?

子どもの仕事だから?

学べるのはありがたいから?

やりたくなくてもやらなきゃいけないことってあるから?

高校くらいは出なきゃいけないから?

 

どんな価値をつけようとしてるんですかね?

何が得られるんでしょう。

 

何に向かって学んでいるんでしょう。

 

誰の感覚、誰の意見なんでしょう。

そして学ぶって、誰がすることなんでしょう。

 

わたしがわたしをつくるために学ぶ?

それとも誰かにわたしを使ってもらえるようにオプションとして学ぶ?

 

感覚って?感情って?思考って?

世界って誰がどうやって作り出している?

 

自分って何だ?

現実世界って何だ?

生きるって何だ?

ただ生存することと、自分を生きること。

 

世界と繋がること。

 

恐怖と不安がもとにあったら、それは幸せなんだろうか。

しんどいのが当たり前、それ本当?

 

見えてない部分が、まだあるんじゃないか?

 

学ぶということ。

させられる、追われる、そんな側面と。

 

陰と陽。

右肩から右耳を遠ざけます

左に頭を傾けます

は、同じようで、

同じじゃない。

やってみなよ。違うから。

 

 

テキストのコピーはできません。