見ている世界


もしも

ある事件をニュースが伝えなかったなら

 

あるいは

 

もしも

現実ではないことをニュースにして伝えられたなら

 

あなたの見えている世界も変わると思いませんか。

 

 

知らなかったら、

あなたの世界には、それが無いまま。

 

有るという『話を』知ったら、

現実になくても、あなたの世界には有る。

 

それが、今の、多くの人の状態かと思う。

 

ドッキリ、ってあるじゃない。

人を騙すキツいいたずら。

あれ、ドッキリでしたーって言われるまで、

本人の世界はドッキリなわけ。

嘘でしたーって知らされて、

なーんだ!ってまた元の世界に戻る。

あの

ドッキリでしたって知らされたときの

世界の狭間で戸惑う顔ったら。

 

もっと言えば

例えば

大好きな芸能人がこの世から居なくなってしまったとか

そのニュースを知らなければ、

自分の世界ではその人は死んでないわけ。

知らされた瞬間に、

その人が居ない世界になるわけ。

 

今見てる現実だと思っている現実は

本当に有るのかしらね。

 

自分で見ているものでさえ

マーヤ、幻だっていうのに。

誰かから与えられた『情報』を

現実だと思っても、いいのだろうか。

 

あなたが

心動かされるのって

どんなとき どんなものに?

 

きれいな空

子どもの瞳

誰かの優しさ

それから?

 

欲しいものは、

恐怖からは生まれない。

 

あなたの現実

あなたの世界は

どこでどう作られていますか?

 

テキストのコピーはできません。