100人とハグをする


えーと、まず、この記事は長いです。

これから行動を起こすきっかけと内容を書きます。

 

久しぶりにボディワークのプライベートレッスンをしに行った。

最近の感覚は

自分が何人も重なってる感じ。

肉体の自分と、

そうでないもっと自由な自分と、

なんかいろいろ貼り付いちゃってがんじがらめな自分。

それが、フックのようになって引っかかってるのが

胸の真ん中で、

それぞれのワタシがズレているのでそこにひずみが生じて、

うまいこといかなくて苦しい。

 

でも、これから何かクリアになっていく予感がする。

これさえ取れれば。

この胸のフックのやーつ。

えーと、わかります?わからなくてもいいですよ。

 

そんな妙なことを言うわたしにも、

わたしの先生は普通に静かに目を瞑って何やら思ってくれるんですよね。。。

 

怒る左脚

 

動いていく。

講座で学んだワークみたい。

それで

あらー?

と思った。

初め、左脚の感覚があんまりないんだなって思った。

そこにアプローチしていこうとすると

「、、、左脚が、うるさい、、、」

今までこんなにがんばってきたのに!って

左脚が怒ってる!

わかる人にはわかる、かしら。

めっちゃ文句言ってる。

辛かったのよ!やっと見てくれたの?それで左脚が悪いとか何?
わたしはがんばってんの!これでいいの!

 

こんなに身体の声が聞こえたのは初めて。

氣のせい?かな。

 

寂しい右胸の脇

 

右を下に横向きに寝て、右脇に左手のひらを差し込む。

右胸の脇への刺激。

「寂しい」

えええ。

ここ刺激入れると泣きそう。

寂しいとか何?なんなの右胸脇。

少しポイントをずらすと、何の感情も湧かない。

戻すと、、寂しい、悲しい、が湧いてくる。

 

体の部位に記憶や感情が残るとは思っていたけど、

それってもしかして。

 

動きの癖は○○○○

 

はっ!

そこで一つの考えが浮かんだ。

赤ちゃんには癖がない。

先天的な何かはあるかもしれないけど。
それは前からのカルマなのかな。

でも子どもにも癖があるし

大人なんて癖だらけ、できない動きも多い。

どうしてそうなっちゃうのか。

赤ちゃんと、それ以降の人との違いは何か。

 

「動きの癖って、トラウマ、なんですか?」

 

答えは、「その通り」。

 

 

わたしの目の動きの制限。

「そういえば、小学校のとき、〇〇って先生に言われました。。。」

そこをリリースすると、
その方法はここには書けない、たぶん理解されない。

目が、動く、、、、!!

目が!目がぁーーーー!!

どーゆーことーーーー!

ほんとだ、動きの制限、癖は、トラウマなんだ!

 

うわー、すごーい!

興奮、わかってくれる人はごく少数だろうな(;´∀`)

 

そこから、

いくつかのトラウマをリリースした。
す、吸い取られる、目に見えないのに、、、

 

自分から出た思いがけない言葉

 

ワークが終わって、

どうだった?

と聞かれて。

 

いやー、いくつかトラウマがあったけど、

わたしのせいじゃなかったんだって、思いました。

、、って、言おうと思ったら。

 

突然泣けてきた。

そしてとんでもないことを言うのである。

 

 

 

 

「お父さんが、いなかった、、、」

 

えええええ

何言ってるの自分!

 

隣に座るハマさんの温かさが

触れたことのないお父さんを思い出させた。

血のつながった方の、お父さん。

思い出す、とは違うけど。知らないんだから。

 

会いたいなんて一度も思ったことがなかった。

思ったことがなかった、はず。

恨むきもちもなければ、恋しく思うきもちもない。

そうだった、はず。

生まれてこの方、この、40年!

 

それは、ただ、

蓋をしていただけなんだ。

固く固く、閉じ込めていた。

蓋がポンって開いちゃって、

涙が止まらなかった。

そしてため息もたくさん出た。

力が抜けるのが、きもちよかった。

甘えるって、こういうこと?

 

 

生き方の癖もアレ

 

わたしは

「がんばらない」が苦手。

「力を抜く」「預ける」「頼る」全部苦手。

全部自分でうまくやろうとして、

ちゃんとできなくて、イライラする。

人から嫌われることがすごく怖い。

役に立てないことも怖い。

 

そこから話していて思った。

それ全部、トラウマとなって、わたしになっちゃってた。

 

たくさん勉強して、そこそこの学校に行って、そこそこのところに就職もした。

その原動力は何だったか。

、、、お父さん、だ。

わたしを置いていったお父さん。

わたしは必要なかったのかな。

大切に思ってくれたこと一度でもあったのかな。

お父さんがいなくても立派になろう。

もし会えたときに、ろくでもないって思われないようにしよう。

捨てて良かったって思われないようにしてやる。

、、、そうだった、わたし、子どものときに、そう決めたんだ。

がんばる。頼ってなるものか。ひとりでやってやる。

 

なーんだ、それ、全部わたしの生き方のクセ!

そうかそうか、そうだったんだ。

 

お父さんのせい、とは思わない。

不思議とそう思わない。

自分がそう捉えて苦しんでいたというだけだから。

謎が解けた感じ。

それさえ手放したら、いいんだもの。

手放すものが見えたから、嬉しい。

 

お父さんが生きているのなら、会ってみたらいい。

って言われた。

え、マジ。

 

じゃあどうする

 

古くからの友人に相談した。

似たような経験をしているから。

会ったらいいと言ってくれた。

 

何を伝えたらいいかわからない。

それでいいんだって。

会ってみたくなったから、でいいじゃない、と。

なーるーほーどーーー。

会ってみたいだけでいいよね。

 

 

それから別の話題になって

悩み事をこぼして弱っている彼女に

「わたしはあなたが好き。そこに居たらハグするよ」

って伝えた。

 

そうしたら、

泣けてきた

と返事が来て。

 

 

繋がった

 

ハグって、いいよな。

 

わたし、

お父さんに、ハグ、されたいな。

 

お父さんの温かさを感じたい。

体温を。

 

素直に出てきたきもち。

 

親子でヨガの『ハグ!プロジェクト』で

親子のハグを推奨しているわたしがですよww

しかも最初はハグ嫌いだったのに

 

そうだ

ハグされよう

ハグしに行こう

 

すべて繋がった

いろいろな出会い

古くからの友人

ヨガ

身体が緊張するわたしにもめげずにハグをしつづけた仲間

なぜかハグプロを続けているわたし

出会う人たちの面白いチャレンジや人柄

このタイミングでのレッスン。

これは流れ。

 

現実的に考えて、今更、迷惑かもしれない。

でも、ただ一つしてくれたこと、結婚祝いをくれたこと、

それは何だったのか。

あのときわたしは、全く理解できなくて、形だけのお礼をした。

 

断られたらそれでもいい。

迷惑だと思われるパターン、向こうのご家族がいること、

いろんな事情や心情は想像してみてる。

代わりにたくさんハグしてくれる人たちがいる。大丈夫。

でも、お父さんがいい、生きてるのなら。

 

いつも、ヨガのときに、

「肉体を与えてくれた両親に感謝を」って言われると、

誰に感謝したらいいのかザワザワしてた。

母に言わせればろくでもなかったかもしれないけれど、

でもわたしに肉体を与えてくれた人なんだ。

誰だって、失敗はするし、誰だって、若かった。

 

でも考えただけで身体が震える。

怖い。

 

ハグの練習、するか。

ハグしていいですか、って聞く練習。

みんな優しいんだよって知ること。

 

わたしの HUG! project

 

100人くらい練習したら、

お父さんにもハグできるようになるかな。

 

前屈の動きを100人分動画にとった仲間が居たなぁ。

100人ハグしてみるか。

ソーシャルディスタンス氣にしない人と(*´Д`)

 

おもしろそう。

 

最後にお父さんとできなかったとしても、

100人ハグは面白いだろうから、

やろうかな。

 

という計画を

近しい友人たちに打ち明けてみると

「無理してやらなくても」

「焦らなくても」

「本当にしたいの?」

系の反応をされる。

そうね、今までのわたしからは

想像もつかない計画を出してますよね。

 

でも、

これ、

お風呂に入りながらぼーっとしてたら降ってきたの。

 

100人も知り合い居ないよ。

100人もできないかもしれない。

それならそれで、自己ベストで終わればいい。

最後にお父さんに会えないかもしれない。

それでもいい。

応援してくれる人ばかりではないだろう。

それでもいい。

できないかもしれないことばかりに目を向ける生き方を変えたい。

できないかもしれないのと同じように、

できるかもしれないんだから。

 

遊びです、これ。

そんな、氣合い入れてやるんじゃないの。

 

さて。

何からしようかなー。

まず、やりますって宣言しちゃったでしょー

 

改めて、ボディワークのすごさを、感じた。

こうして、ガイドできるようになりたいなー。

心が自由になることは、身体が自由になること。

身体が自由になることは、心が自由になること。

それは同時なんだな。

でも、自分が乗り越えるもの乗り越えないとね。

ハマさんが言ってる意味、難しくてわからないこと多いんだけど、

あるときこうして実感すると「これか!」ってすんごく嬉しい。

なんだ簡単やーん!って。

実感は、本物。

学ぶと同時に自分も良くなっていく。

わくわくしかない。

あ、実感するっていうのがボディワークか!また氣づいたぞ!

 

テキストのコピーはできません。