何を怖がっているのか。


久しぶりに街中へ出ました。
コロナ禍になってから初かも。
外部でなかなかレッスンもできないし用事がなかったからさ。

手指の消毒の半強要、デパートの入り口はサーモグラフィ。
マスクをしていない人が見当たらない。

えー、そうなんだ。
まだこんなことやってるんだ。

そりゃ怖くなるわ、みんな。

そんな中、実はどこぞの国のあの研究所でウイルスがー、
ってニュースが出ていて。

ああ、そりゃ怖くなるわ、みんな。

 

怖いよ怖いよ、っていうニュースの他に、

本当はそれほど怖くない、っていう主張をされている方もいる。

わたしは両方読む。
ときどきね。どっちの主張にせよいつも読んでると疲れる。

 

でも、怖い怖いばかりに触れていたら、

氣が狂わんかね。

あー、だから、コロナ鬱とかあるの?

 

あのね。

まず、PCR検査とは、どういう検査なのか、調べてください。

何をどうやって検出しているのか。
誰が何のために作ったのか。
検出されるのは一種類のウイルスだけなのか。
どれだけのウイルスの量で陽性になるのか。

それと、PCR陽性と、感染と、発症って何が違うのかも調べてみてください。

さらに、

過去のインフルエンザの感染者数や重症者数や死亡者数、
インフルエンザのために人工呼吸器を使った人、その年代別データ、
なども、調べてみてください。
厚生労働省が毎年出しているはずです。
それと、コロナのデータ、比べてみてください。
むしろインフルエンザが怖くなる。
ちなみにインフルは、今年の春、例年より早くデータが打ち切られていました。
それの意味するところも考えてみてください。

コロナ感染者や死亡者数が、どのようにカウントされているのか、調べてください。
ほんとに、感染者ですか?陽性者じゃなくて?違いはもう知ってる?
死因が他のものでも、っていう話に辿り着いたかい?

現在の外国での対応がどうなっているか、調べてください。
いろいろな国があります。

 

そして、

情報は作られたものである可能性があることも知ってください。
どちらの立場であってもです。

デモの写真が人数増しの加工だったり、
衝撃的なシーンがカメラの前だけでの演技だったり。
ないとは言えません。
過去に報道したことが間違いでしたっていうのも、大々的に報道されない。

その情報の出どころはどこなのか。
立場的に損得はないのか。
お金のつながりを見ると「あら~」とわかることがありますよ。
偏ったことを言っていないか。
そのデータはどこの誰が出したのか。
実験データは、結果ありきではないか。
専門家って何の専門家?何を知ってるの?
この立場の人が言うなら、って何となく信じる?
間違ったことは言うわけがない、
騙すわけがない、
とりあえず言っただけなのではない、
って信じちゃうよねぇ。
その人、あなたやあなたの家族の命を、魂を、大切に思ってくれてる人かしら。
そういう人たちが100%の世界なのかしら。

こうするといい、という行動の中にも、
副作用的な欠点がないのかどうか。
マスクやアルコール消毒にも、欠点はあります。調べてください。
そもそも本当に効果的なのか。

ほんと、お金の流れを見ると、結構わかります。
どういう目的でそういう発言をしているのか。
そうすることで誰がどれだけ得をするのか。
あと、そんなに大きなところでなければ、責任問題とかもね。
すーぐ、人のせいにするから。だから守りに入るためにこうなる。

いい加減、物質的な世界から精神的な世界へ抜け出すときなんですけど、
そのために必要なインパクトなんでしょうかねぇ。

 

ただし、コロナは怖くないと主張する人の中にも、
単に誰かを攻撃したいだけの人もいるように思います。

わからなければ調べる。
与えられている情報だけでは、コントロールされてしまう。

でもその情報も鵜呑みにはできない。

最後は自分です。

今まで自分が培ってきた考え方や感覚。

それを通したときに、何が自分に入ってくるか。

それを放棄している人が多すぎる。

そのくせ他人にも強要する。

わたしはそれが怖いです。

そんな中で子どもたちが育っていく。

 

わたしはここに何かのニュースやデータを貼り付けません。

調べてくださいばっかり書いてます。

そうして、ちゃんと調べる人がどれだけいるだろう。

与えられないなら面倒だからいいや、

で、今の状況が成り立ってます。

そりゃあ、誰かにとって都合のいい情報を流せばいいですよねぇ。

 

もし怖いウイルスだとしたらですよ、

わたしは自分の身体が頼りだと思ってます。

身体のためにできること。
マスクでも消毒でもないからー。むしろ逆効果。

 

自分の考えをもつこと、

考え方を学ぶこと、

健康であること、

わたしはこれを自分の子どもたちには伝えたい。

そしてその考えや感覚だって、母さんのものであって、絶対ではないことも。

テキストのコピーはできません。