落ち込んで思考が下降モードのときの対処法


あー、できない。

下手だなぁ。

あの人はあんなにできるのに。

わたしって価値がない。

ポンコツだなぁ。役立たず。

能力ない。

 

なーんて、思うこと、ある?

 

わたしは、ある。

 

その考えが始まると、しばらく下降モード。

ついでに過去の失敗まで思い出したりして。

 

落ち込むわー。

 

ここで、落ち込むのを止めよう、とか、

自分を責めるのを止めよう、とか、

人と比べてもしょうがない、とか、

もう過去のことじゃないか、とか

 

思ったところで止まらないわけですよ。

 

じゃあ、どうするかって。

 

そんな自分を、外側から眺めます。

 

あー、そう思ってるんだ。

おっと、過去の失敗出してきたか。

落ち込むことしか思いつかないなー。

人と比べるやつ始めたか。

自分を責めるの好きやねー。

などなど。

 

止めようとか、良い悪いとか、どーでもいい。

ただただ、自分の内面の声を聴く。

心の波を感じる。

注意するのは、

そう思ってる自分(思考)と一体にはならないこと。

一体になっちゃうと辛い。

あくまでも、外から眺める。

イメージとしては、『幽体離脱した自分が自分の肉体を眺めている』。

そんな感じの見かた。

まるで他人事のように。

 

そうすると、

外側の自分が冷静に感じたり考えたりするようになる。

「そうは言っても、あの人と比べたってあの人と自分は経験の種類も量も違うし」

「でもそれ終わったことだからもういいんじゃない」

「その視点で見れば劣っているかもしれないけど、あなたにだってもっと優れた点はあるから、そこで比べれば全然落ち込む要素ないよ」

「じゃあ、これからどうしようか」

「体が冷えていると落ち込みがちだよね。お腹温めてみたら?」

「その思考モード、今は辛いけど、いつも必ず終わるよ」

「よしよし、もう何をしても落ち込む。今日は寝るべし!」

って、感情に飲み込まれないもう一人の自分が支えてくれる。

 

でね。

この、外側から見て支えてくれる自分を強くする方法があって。

それは、わたしはだけど、哲学を学ぶこと。

わたしの場合は、ヨガ哲学。

あと、ヨガ哲学じゃなくても、生き方について書いてる本。

難しいやつじゃなくてエッセイとかでもね。

そして、ただそれを飲み込むんじゃなくて、

自分に浸透させておくこと。

自分はどう思うのか、考えるのか。

これ、調子のよいときにやっておくべきだわ。
調子悪くなってからじゃ、まともにできん。

そうすると、辛いときにも、

ほら、こう考えたらラクになるよ、とか、

今はこうしてみたら、とか、

学んだことが降りてくる。

それでもダメなときは、

信頼できる仲間や先生に話してみる。

信頼できるセラピストさんのところへ行く。

これはもう効果絶大。

自分にないものをくれるから。

本だと、やっぱり、自分の好みで選ぶから、自分の枠から出られないんだよねー。
その方向から来たか!っていう異次元感は、やっぱり他の人とのかかわりから。

 

 

といっても

内面を感じるのって練習がいるのかな

とも思う。

内観するということ。

それは、

瞑想、っていう手もあるし、
いろんな瞑想があるけど、ただただ感覚や思考を眺めるという方法で。

ボディワーク、っていう手もあると思う。
瞑想より、身体の感覚に集中するっていう方がやりやすいかもしれない。

緊張しているのなら、

トークセンで緩めることもできる。

 

でもまあ、落ち込んだら、まず、休むことだなぁって、思う。

がんばって、疲れて、落ち込むのだから。

一生懸命やったからでしょ。でも思うようにならなくて。

そして、自分はもっとできるって、自分の力を信じて期待しているからでしょ。

だから、くっそー、って思うんだよね。

ほんとは、自分のこと、すっごく期待してるんだよ。

自分のこと、大切だし好きなんだよ。

 

テキストのコピーはできません。