最近氣になる人、愛、それと自分探しってやつ


これは末っ子のおみやげ。

保育園から帰ってくると、

ポケットやバッグから、

小石や種や花なんかを出して渡してくれる。

きっと、遊びながら、

帰ったらママに渡そうってポケットに入れる小さな姿、

想像したらもう愛しくて愛しくて、

ただ愛しさしか湧いてこない。

小さな

でも大きな

幸せ。

 

 

 

さて、

ついつい見てしまう人のお話です。

 

渡辺直美さん。
芸能人のね。
前の職場に同姓同名の方がいらっしゃった。
誰に何を言われようと好きなことして生きてますオーラが好き。

こないだレディーガガの真似してた。

心無いコメントへの 切り返しも大好き。

でもきっと繊細なんだろうなっていうのも感じる。

 

安冨歩さん。
女性装をしている東大教授。
この方の記事を読むと毎回心が動く。
本も読んでみようかな。


わー、どうしよう面白そうなのばっかり。


やばっ、この人の本貼り付けるだけで終わりそうだ。

こんなに買っていられないから図書館で予約しよ。

安冨さんは、
愛とは何かと問われたとき、
こう答えている。

「一人の人間が、魂を自分自身の思うとおりに成長させる、愛情とはそれを支える事」

もうね、ずきゅーーーん、と来ちゃった

そうだ、そうそう、そういうことだ。

 

そして

それは他人への愛もあるけれど、

自分への愛もあるんだ。

 

ていうのを考えるとやっぱり

わたしの最近のテーマは、
いや最近どころじゃない一生のテーマ、ライフワークかもしれない

自分の魂がどうしたいと思っているのか知ること。

人の目じゃなくて、

誰かの希望でもなくて、

わたしの。

それを無視してきたから、

心や身体の不調が出るんだと思う。

いわゆる心身症とかそういうのだけじゃなくて、

あらゆる痛みや病気。

あらゆる、ね。

時間をかけて積み重ねて、なる。

 

心を静かにしたり、

感情の薄皮を剥がしていったり、

ヨガをしてみたり、

ボディワークをしてみたり、

ダラダラしたり、

自然の中へ行ってみたり。

 

自分さがし、って言葉があるけれど、

ほんと、どこ行っちゃうんでしょうねぇ。

自分の奥深くにあることはわかっている。

潜って潜って、感じに行く。

 

渡辺直美さんも、安冨歩さんも、

すんなりと今に至ったわけではなくて、

だから、

わたしもやってみよー、

って思う。

 

一昨日さ、

寝入りばなに、

ほんと起きてるのと眠ってるとの境目のときに、

「あなたにしかできないことってこれですよ」

って誰かに教えられて

涙が出たの。

でもね、

起きたら、

何だったか、

忘れてた!

 

何だったんだろう、

ってずっと考えているのだけど、

それってもしかして、

わたしが

ただ

わたしで生きること

かもしれない。

 

テキストのコピーはできません。