思いに正直になる


納得できる状況を作ろうと考え行動するのと

今の状況に納得できるように考えるのは、

まったく、

まっっっっっったく、

違うよね。

 

①納得できる状況を作ろうと考え行動する

今の状況が不満である。

じゃあどうしたらいいか考えて行動に移す。

状況は変わる。変えられる。

自分主体。

 

②今の状況に納得できるように考える

今の状況が不満である。

仕方のないことだと納得できる理由を探す。
もうねー、これ、屁理屈でしょ。

世間体とか常識とか人の目とか。

状況は変わらない。

自分以外のもの主体。

そのこと自体にも不満

おかしくなる
(;´∀`)

 

わたしね

②ばっかりやってきたんだわ。

①が、無いとは言わないけど、少ない。

思考の癖が、②なの。

諦め方が変にうまい(;´∀`)

でも実は全然うまくない。

 

今の状況を受け入れられるように

後付けの理由を探し出していると

いくらでも湧いてくる。

代表的なのは、

お金がない

休みがない

時間がない

立場的に無理、
お母さんだからなんて最たるもの

過去にあんなこと言われた、

才能がない、

家族が反対する、

誰かに迷惑がかかる、

最後には

そんなにうまくいくわけがない。

 

全部、

何とかしようとしたらなること。

 

そんなにうまくいくわけがない、

って何を根拠に信じられるのか。

それと同じくらい、

うまくいくってところを信じられない理由を聞きたい。

そんなにうまくいっている人がいない?

思いに正直に生きられない人にとっては、

100%うまくいかない人生。

思いに正直な人にとっては、

100%思いに正直な人生です。

そんなふうになってますよね。

 

100人いて1人が自分の思いに正直に生きられたとして、

じゃあ思いを叶えられる確率1%、

じゃないでしょう?

そういう人は人口の比で1%かもしれないけれど、

自分がチャレンジしたときに1%の確率でうまくいきます、って言ってるんじゃないの。

全然違う意味での1%でしょ、それ。

重要なのはそんな集団の話じゃない。

自分の中の確率なの。

やるか、やらないか。

伝わるかなー。

 

 

自分の心に嘘をつかないこと。

思いと言葉と行動の一致。

サティヤ。正直。

 

テキストのコピーはできません。