やりたいことに本気出せ


ひさしぶりに仕事と家庭の話をした。

大人と喋りたいというのと、

そしてそれは安心して話ができる相手だというのと。

 

かおりんは言った。

「ほんとは仕事したいんじゃない?」

 

一瞬すべてがストップした。

え?

もう働きたくないと思って前の仕事を辞めた。

そうだけど、今は、

トークセンやボディワークやヨガが面白くて、

それを仕事ということにして、

かなーーーり仕事量はセーブして、

仕事と家庭のバランスを取ろうとしている。

家庭を何とかしようとしている。

でも、わたし、「働きたい」?

 

げ。

そうかも。

 

もし家事が何の心配もなかったら。

 

わたし、日々勉強して、

1日1件か2件くらいトークセンかボディワークレッスンをお受けして、

あーラクになったー!って言ってもらえて、、、

それって、

すごく楽しいのかも。

だってわたしにとって、

トークセンも
ちょっと口に力が入ってるけどわたし

 

ヨガもボディワークも

 

何も大変なことじゃなくて

おもしろいんだもの。

 

それをやったら

誰かの役に立つって

やーもうそれ

サイコーじゃないか。

 

本気でやりたいのか?

やりたいなら、やれよ、わたし。

 

「家族のためにっていうことが

必ずしも家族のためにはならない」

かおりんはそうも言った。

 

ねえ、なんてすてきなんだろう、

話すって、

聴くって。

自分では気づかないことを気づかせてくれる。

最近そういうの多いなぁ。

でもそれ、

ちゃーんと、

自分から飛び込んでいって得られたものだ。

 

人生の選択をできるって、

わくわくする。

 

zoomでボディワークレッスンも、不可能じゃないなぁ。

と思っちゃった。

トークセンは、会わなきゃいけないけど、

江別蔦屋書店さんでさせてもらおうと思っています。

イベント担当のコイッシーさん(勝手にあだ名すみません)を叩かせてもらったら、

「ああああああ~」

ってなって、いいですねぇって。

近々お知らせできるようにします。

 

 

オンライントークセッションをしてくれたかおりんのページはこちら

仕事や家庭についてたくさん悩み考えてきたからこそ、

かけてくれる言葉が本物だったよなぁ。

わたしもそういうふうに

自分の中から出てくる本物を伝えていきたい。

 

テキストのコピーはできません。