マーヤ売ってた


マーヤ各種398円。

ホームセンターに売っていた。

ねーちょっとマーヤ売ってる!って言いたかったけれど

傍に理解してくれる人がいなかったのでひとりでそれを眺めた。

 

この世界は幻、マーヤである。

マーヤはサンスクリット語。幻、幻影。

苦しみも喜びも、

ただわたしがマーヤを見ているだけである。

 

わたしが居なくなったらその苦しみはどうなる?その喜びは?

わたしの状況や気分が変わっただけでも、変わるのに。

そんなん、最初からあるのかね?

 

お金を稼いで何かを得る

誰かの心をつかもうと苦心する

ねえ、

そのお金とかモノとか心とか、

本当にあるんだろうか?

 

わたしがここにいてそれを認識しているから、それはそこにある。

じゃあわたしが居なかったら。

 

ポット入りのマーヤ各種を398円で買えるとか思ってニヤニヤしてたけど、

ほんとにマーヤ各種を買っては暮らしている。

消費することが生きることではないはずなのに。

マーヤが人生の第一ではない。

はっ、( ゚Д゚)
話について来れなかった?
ちょっと紛らわしいよね。

 

マーヤ。

これも確かにマーヤ。

マーヤという名のマーヤ。

そうなってくると宿根草だってマーヤ。

だからややこしいって。ホムセンで何考えてんの。

 

テキストのコピーはできません。