なぜ書くのか。


今日は前々回の記事『なぜ本を読むのか。』の続き。

わたしは文を書くことには大きくふたつの理由がある。

 

ひとつは、脳の排水的なこと。

書いていると整理されるし、混乱が収まる。

これはもう全く、わたしの側のメリット。

 

もうひとつの理由、それを発信するのは、

わたしが本を読む理由と同じく、

それに触れた人が何らかの思いや考えをもつだろうということ。

 

賛成票が欲しいっていうのとは違う。

もちろん、激しく同意でも、よくぞ表現してくれたでも、そんな感じだわでもいいし、

いやそれはないわ、なんか引っかかる、腹立たしい、でもいい。

心が揺れ動いて、

心に目を向けるきっかけになってくれたら、

お役に立てて幸い。

別視点の提供や

見えていなかったところに小さなスポットライトを当てるような

そんなことができたらいいな。

 

テキストのコピーはできません。