お馬鹿さんに見えるでしょうが


状況に対する危機感が違うのは、ただのお馬鹿さんな可能性もあるけれど、
その情報どこまでホントよ?って本気で調べて考えてる真逆なタイプの場合もあるわけですよ。
一応わたしだってマスクはするし手も洗いますけどね。
ワイドショーと煽り動画と専門家でもない芸能人のコメントはスルッと流し、データを冷静に見る。

気づいた?とあるニュースの内容は日本のことなのに、画像が中国だったりする。

特に、わざわざ涙を誘うような物語は読まない。
自分の体験じゃなくても身体は同じように反応してしまう。
自分からそれ読んで恐怖かきたてるって変態か!
わたしは子どもたちのことが心配なので、毎晩子どもたちにトークセンしてます。
第一は、身体をととのえる!
栄養、睡眠、運動、お日さまに当たる、身体をあたためる。
できることはやる。

死が身近になったわけじゃない

ねぇ、こんなこと書くの余計かもしれないけど、
死が身近になって怖いって思わない?
でもさ、最初から、死はいつでも隣にある。
メディアで騒いでいるから身近に『感じられるだけ』で
事実は何も変わってない。
ソレじゃない病気になるかもしれない、事故にあうかもしれない、災害が起こるかもしれない。
いつかは自分も大切な人も死ぬんだよ。
でも、今、生命はいつでもここにある。
もうそれはセットなんだから。
今、生きているの!
大切な人といる、この時間、
今この世界にいられる わたし、
どうする?何する?何したい?
何を考える、何をする、誰と過ごす?
なんで恐怖や怒りが大きくなっているのかわからないよ。
大切なものを大切にしたいって思わない?
わたしはできるだけ毎日子どもたちにトークセンするようになった。
目を見て話を聞こうと意識するようになった。
大好きだよって1回でも多く伝えようと思った。
夫には照れくさくてできないけど、ハグは心をこめてするようにしてる。
生きているのなら、わかる形で伝えられる愛を伝えたい。
死ぬことばかりを考えないで、死を意識するからこそ、今生きることを大切にしよう。
この騒動はそういうきっかけだと思うんだ。
でもそういうふうに受け止められる人って、全員ではないということも、感じている。
テキストのコピーはできません。