不安から幸福感へ


ひとりでお風呂に入りながら考えた。

これからどうなるんだろう。

新型コロナ、世界の変化、

人々の内面の顕在化、

物質的豊かさ、食糧。

わたしは健康でいられるだろうか。

夫は。

子どもたちは。

親は。

大切な人たちは。

見ず知らずのかけがえのない人たちも。

お金もどうなっちゃうんだろうな。

あ、でも、変わってしまうかもとか、

失ってしまうかもとか、

そういうのって、

つまり、

今はそこにあるってこと。

今はもってる。

じゃあ今、それがあって、幸せ?

幸せなら、それでいいし、

幸せじゃないなら、それはなくても困らないってこと。

意識を、今、ここに。

今、呼吸をしている、命が与えられている。

健康、にはまだ遠いかもしれないけれど、日々普通に暮らしていける身体がある。

休校だ分散登校だで、てんやわんやだけど、家族と暮らすことができている。

ありがたいことに、今すぐ困るような経済状況でもない。

食べるものにも困っていない。

日は長くなり、日差しも春。

わたし、

すでにいろいろ、手に入れている。

サントーシャ。

足るを知る。

今ここ、に意識を向けること。

将来の不安、過去の後悔や他人責め…

そうじゃなくって、

今、ここに、自分が在ること。

その貴重さ、ありがたさ。

あたりまえのように

そこにあるもの。

失いたくないと思えるような、

たくさんの、大切なもの。

今に意識を向ければ、

その大切なものがある 幸せを感じることができる。

すべてはそこにあって、

ただ、それに気づくか、見つけるか、どうか。

失うとか、足りないとか、そこじゃない。

心配したり頑張ったり または自然にだったり、そうして与えられた今あるものを、味わう時間ってちゃんとあるだろうか?

明日からまた新しい学びを始める。

それだって、もうすでにそこにあって、

その蓋を開けてみるってこと。

そう考えると、人生にはギフトがいっぱいだよね。

テキストのコピーはできません。