一発退場レベルで許せないこと、人生は修行


どーしても、どーーーしても、

ダメなことってあるんです。
子どもの頃から。

私にとってもう一発で退場レベルの。

 

それは、

人によって態度を変えること。

 

しかも、

本人の前ではいい顔をしているのに、

その人が居ないところでけちょんけちょんに言うこと。

 

なぜか知らないけど、ダメなんです。

 

それをやられたら、私はもうその人の前から姿を消します。

自分に対してされなくてもです。

 

信用のかけらもない。

本当は、それでも寄り添えばいいのかもしれない。

でも私にはまだその強さがない。

ものすごく消耗してしまう。

 

 

私にだって苦手な人はいます。腹の立つ人もいます。

未熟ですな。

相手でなく私の問題。

失礼のないように心がけるけれど。

わざわざ仲良しのふりはしない。

あ、でも、人見知りですぐに親しくできない場合が多いので、勘違いしないでほしい。。。

 

みんな仲良く、じゃなくていいと思う。

違いがあって、どうしてもすぐそばで過ごすことができなくても、

お互いに気持ちの良い距離で尊重しあえればいいじゃないか。

必要とあらば話し合えば良いではないか。それでわかりあえないとしても。

 

人を傷つける嘘はつかない。

 

アヒムサ、非暴力、苦しみを引き起こさない。

サティヤ、正直であること、誠実、真実、真理。

 

でもね、本当は、やっぱり、

どんな人にでも寄り添える強さが欲しい。

その人はその人で、そういう状態が必要でしているのだから。

それでもあなたの内側の光を見るよ、ということができたら。

私だって完璧な人間じゃないし。

 

心が振り回されないようになりたい。

 

それには自分が満たされて安定していること。

満たされるというのは、モノとかじゃなくて。

修行だなぁ、と思う。

修行だけどなんか楽しい。

ロールプレイングゲームで主人公を育てていく感じってこういうのかしら。

 

テキストのコピーはできません。