その『自分スタンダード』ほんとですか?


今日は、私が衝撃を受けた話を二つ。

①デジタル時計とアナログ時計。

ある時間までの残り時間をパッと見てわかりやすいのは、アナログに決まっていると思っていた。

でも家族内でも、そう思っているのは長男と私だけ。

長女と夫は、デジタルのほうがわかりやすいでしょうと言っていて、本気でびっくりした。

自分には有り得ないことも、他の人には普通なんだな。

どれだけ自分スタンダードな勘違いがあることか。

 

②私は、嫌われているという前提で人と付き合っていた。

衝撃だった。

何だその前提は。

この窮屈感とか人の言動を気にしすぎるところとか、何だろうと考えたら、そこにたどり着いた。

あー、これは、子どもの頃からを振り返らないとダメなやつか。

でも親になった今、親は完璧な対応はできなくてもベストを尽くしている、ということは知ってる。

知っていてもストンと落ちない何か。

親子でヨガの「だいすきギュー」のハグタイムは大事だなぁ…

 

テキストのコピーはできません。