まず自分、それから他の人。


こんなにも自分はできないのかと毎度愕然とするし、人見知りなのに(きっと誰もそう思ってくれない、だったらあんなTシャツ着て現れないだろうと)ペア組まなきゃいけないし、行きたくない…と言って毎回行くところが私には2つある。

ヨガとトークセンの勉強会。

今日はヨガの方。

夫には残業なしで無理矢理帰ってもらった(勤務時間過ぎてるんだからいいと思うんだけどね)。
今日の夫は不機嫌だった。大変な1日だったらしい。眉間にシワが寄っていた。

そのことをレッスン前に思い出しながら「これは私が元気にならなくては」と思う。
あまりにも自然にそう思った。わからない人にしてみれば、自分勝手だろう。

誰かのためになりたいなら、自分を整える。
元気じゃなきゃひどい対応してしまう。

だってほら、たとえば、

 

不調な私「は?いつも遅いんだからたまに早く帰ればいいし」

 

元気な私「ありがとう。おかげでたくさん学ぶことができました。これからに活かせるよ」

 

どっちがいいか。

以前の私だったら、そうだよねごめんね私のために、じゃあ行かなくていいから。って言って、
心の中ではすんごい腹立ててたと思う。最悪、ため込んで、ある日突然泣き出していたと思う。
わ、性格悪いし、心身にも悪そう!
そういえば、最悪の最悪バージョンとして、私が頑張ればいいって結局ウツになったやないかーい。

今の私は、しっかり学んで、ひとっ風呂浴びて帰ることを選ぶ。
そして、帰って夫が起きていて、「ねぇなんか腕が痛いんだけどどうしたらいい?」って言われても、
思いつく限りのセンやツボを触って回復に貢献しようとできるのである。
ねぇ腕が痛いのに脚触ると「ぎゃー」って言うんだよ。面白いよねぇ。
肩甲骨まわりほぐしていたら夫はグーグー寝たよ。
マッサージされながら寝るって最高じゃね?

私はここちよい疲労のあまり一瞬で寝ました。
えいっと参加してしまえば、スッキリしてニコニコで帰ってくる私。

良い日だった。

写真は、長女が買ったラムネ。