カルマの法則とアヒムサ


カルマの法則と
アヒムサ。

カルマの法則は、とても簡単に言えば、
自分のしたことは巡りめぐって返ってくるということ。

アヒムサは、非暴力。

最近よく考えることがあって。

どうして私はこんなふうになってしまったのだろう?

胃が痛い。

胸が苦しくなる。

自分のことを振り返ってみる。

私はいろいろな人を傷つけてきた。

明らかにわかるような傷つけかたや、

こっそりと願うような傷つけかた。

今ヨガをやっていて

生きとし生けるものすべてが幸せでありますようになんて

バカ言ってんじゃねーよ!

って、特に過去の私を知っている人なら思うかもしれない。

だって私が傷ついていたんだからいいじゃない。

だって酷いことされたんだからいいじゃない。

だって

だって…。

でも、今の私はもう

そんなことは思わない。

もし傷つけてしまった人にまた会うことがあったら謝りたい。

自分に返ってきたからとかそういう意味じゃなくて

本当に申し訳ない。

八つ当たりにしろ

仕返しにしろ

言葉や態度の暴力は

発した自分にとっても気持ちの良いものではない。

酷いことだけど一瞬スカッとした気になるかもしれない。

でも時間をかけて自分を蝕んでいくんじゃないかな。

思い出すんだ。

友達を傷つけてしまったこと。

父親が死ねば良いとお祈りしていた子ども時代。

そんなことを思い出して

どうして今になって涙が出るんだろうね?

直接的にしろ間接的にしろ

人を傷つけるというのは

結局自分をも傷つける。

そんなことにアラフォーで気づく。

気づいたなら今からやり直せば良い。