人が嫌いでした。そんな私が変わった理由


わたし。

ここ数年で、人が好きになりました。

人付き合いというか。

それまでは、できるだけ他人とは関わりたくなかった。

人付き合いなんて面倒くさかった。

集団も嫌いだったし、決まった誰かと一緒にべったりするのも苦手。

わたしにとっては、ひとりで自由にサササと動くのが快適で普通で、だからうっかり参観日で他の保護者さんを放置してしまって後から挨拶されなくなったことも(^-^;

だってご挨拶ちょっとしたら自分の子どもの近くで授業見りゃええやん?
なんでくっついてペラペラ喋らんとならん?何しに来たん?
まぁいいや。

でも最近は、大切な仲間がたくさん増えた。

先日も、お誕生日プレゼントもらったり。
ハッピーバースデー歌ってくれたり。
何かしてくれるのが嬉しいとかじゃなくて、、
そういうことを自然にやってて、わぁありがとーって喜べて、っていうのが嬉しい。
ああしなきゃ無視されるかなとか これ言ったらダメかなとか、そういう計算のない関係。

…え、これ普通なの?

あたたかいなぁって感じられる人間関係、あなたはありますか?

ときどき落ち込む自分も愚痴る自分も見せても大丈夫、嬉しいことを一緒に喜んでくれる、バカなことやっちゃったら笑ってくれる、変だと思ったら指摘してくれる。
安心してそこにいられる仲間、いますか?

私は、そんな人たちがいることが自慢です。

前は、そういうことから遠くて、羨ましくて、ひがんでた自分がいました。

けどね。仲間がほしいって動いたわけじゃないのです。

私がしたのは、自分のやりたいことをする、ということ。
私の場合は、ヨガ。トークセン。

そこには同じことが好きな人たちがいるわけで。
そりゃ合う人が多くいますよね。

自分で環境は変えられる。

毎日同じ学校同じクラスに居なくてはいけない子どもたちは大変だと思う。。。
でも、本当に嫌だったら、転校もできるし、行かないという選択もできるし。

仕方なく従う、という選択をしているのも自分。

もっと自分で選んで行動できるものなんだなぁと、大人になってしばらくしてから、気づきました。

そして、何となく従って行動してもらえたら得する人がどこかにいるんですよ、、
そのことに気づいたら、もう、はぁぁぁぁ!って思いましたよ。

いろいろ不満をもっていたけれど、人のせいや環境のせいにして文句を言うくらいなら、自分で変えられるところを探って思い切って一歩踏み出す。
これからはそうしようと思います。
自分の人生のかじ取りは、自分で。

 

 

テキストのコピーはできません。